2013年3月23日 (土)

ためしに書いています

ブログが表示されないので、ためしに書いてみました。うまくいくかどうか・・・

2009年11月 7日 (土)

バー ×→×→○

NYバーに合格することができました。
ありがとうございましたm(_ _)m

連続3度の受験を通じ、いろいろなことを数多くしたことにかけては、かなりの自信があります。BIG読んだり、エマニュエル模試を受けたり、日本語サマリやエッセイ論点ブロックを大量生産したり・・・。とはいえ、3度の受験機会に恵まれたこと自体が、すごく幸運なことであった、と感謝しています。

正直なところ、合格した時の方が、不合格の時よりもブログが書きづらいです。不合格通知をもらった時のショック、様々な事情で受験そのものを諦めなければいけない辛さは、よく知っていますので。ですが、今回は、最大文字で素直に喜ぶことをお許しください。

やったっ\(^▽^)/

そして、サラリーマン的には、
(会社にコミットしていたことを一応果たせましたので)
本当に
ホッとしました・・・C=(^◇^ 

2009年11月 2日 (月)

BU 08-09 Reunion@東京新橋

10月30日(金)の夜。TGIFな日。東京・新橋08と09の有志12名くらいで、Reunionが開かれました。アダルティーに、ちょっと遅めの20:10開始。

集まるんだったら、NYバーの発表がなされる前にすべきだ、という配慮から、この日になったということ(らしいです)。うーん、バーの呪縛からは逃れられないものなのでしょうか??

私は、住まい(2箇所)が大阪・三重なので、本来ならば参加者対象外です。しかし同期某氏いわく、「金曜だから休んで来れるよね」。ちょうど海外帰任者人間ドックの日で午後休だったこともあり、ナイショで飛び込むことにしました。幹事の08I氏曰く、「サプライズ・ゲストということにして、ちょっと遅れてくるのも手かもしれませんね(*^-^)ニコ」

で、意図したわけではないのですが、実際に遅刻しました。その理由。人間ドックのメニューに、胃のバリウム検査が含まれていたからです。検査後は下剤を飲まされます。その後遺症がすさまじく、汚い話で申し訳ないですが、ずっとトイレとお友達。大阪-東京の移動も、危機管理のため、のぞみのグリーン車を使用。そこまでして行ったということを、誰にも一言も話さなかった自分はえらいなぁ、と思いますヾ(- -;)

遅れて登場したときの反応。

「うっそー」
「驚いた~」
呼んでないよ~

つかみは非常によろしいです。で、その後。

「ブログに切れ味なくなりましたね
「なんだか無理やり書いているって感じですね」
義務感で書いているって感じですよね」

・・・分かっちゃうんですね。留学中に比べて、やっぱり今は悩みがすごく多いです。その状態でモノを書くと、自然とそうなっちゃうんでしょう。許してやってくださいm(_ _)m

さてこの日の会話は、おそらく8割くらいは留学中のむかし話(で、残り2割くらいは、09ハイパーロイヤーH氏のサラリーマン転進)。期せずして、「09の---さんと、08の---さんとでは、どっちが日本人最強のプレイボーイだったか」で、論戦が戦わされる。

09の童心の天才H氏のターン:
「いや、うちの---は、もうこれもんなんですよ♪」

08の幹事I氏のターン:
「いや、うちの---だって、(以下略)・・・♪」

結果はおそらく引き分け\(^▽^)/

二次会は、09の課長代理Y氏、バックパッカーK氏、同期某氏と、側にあった和民へ。「日本は不景気なんですよ」という話になり、08のエースS氏名刺の文字が浮き上がっているのは(コスト削減のこのご時勢で)すごいことだ、という結論で落ち着く。

二次会終了後、同期某氏と僕は、そのままとある駅までは電車で行き、タクシーに乗る。折角なので、同期某氏の自宅10分ほどオジャマする。そこでデジカメを持っていたことに気付き、とりあえず記念撮影

この日はひさびさに楽しかったです。ありがとうございました。

そろそろ(三重に)戻らないと。ではまた\(^▽^)/

2009年10月24日 (土)

メキシコとアラチェラ

今、ダラスにいます。メキシコからの帰路、アグアスカリエンテス発の飛行機が大幅に遅延した結果、ダラス発成田行きの便に乗ることが出来ず。休日が丸一日台無しです

アメリカン航空が用意してくれたホテルがまあまあだったことは良かったのですが、彼らの「ホテル用意してやったからええやろ」的な態度はどうかと思います。

今回のメキシコ出張の目的は、同地での関係会社でコンプライアンス・セミナーを実施すること。ただ、彼の地でコンプライアンスを説くことは、非常に難しいですね。メキシコ全体を包む、気持ちいいほどに「まあいいか」的な雰囲気とは、どこかそぐわないというか。

それに流されちゃ法務としては商売あがったりなんで、一応、がんばったつもりではいます。で、これから出張報告書を書かないといけないのですが、眠くなってきました。今日はとりあえず、まあいいか、ということで。

なお、メキシコのアラチェラ(=ハラミに相当)はメチャ美味しかったです。パパイヤも美味しかったです。お勧めです。

2009年10月18日 (日)

続々・アルバニー戦記~最後の聖戦~

ご無沙汰しています。

8月初旬にボストンを発ってから、一体何があったかというと・・・とにかく色々ありすぎでした。ようやく少し落ち着きましたが、今でも住まいが2箇所(大阪と三重)、机は4つあります。もっとも、その4つの机のうちの1つには、未だに行ったことないんですけど。今度行かなきゃ(;^_^A

7月末のバー受験は、09の皆さん思いっきり混ぜてもらえたおかげで、寂しさを感じること皆無で過ごすことができました(*^-^)。それどころか、色々教えていただき(課長代理Y氏お気に入りの「Alter Ego」とか)、感謝しています。あと、08のSさんには、貴重な合格体験談を教えてもらった他、フォローも頂きました。この場を借りて深謝申し上げます。また、「どうせ結果が出るのは11月なんだから、気にせず思いっきり受けて来い」と言ってくださった上長各位にもお礼を申し上げますm(_ _)m。

さて、今回の受験地も、皮肉なことにアルバニーでした。会場は空港近くのマリオット・ホテル

Dsc01717

アルバニーまでは、例によって例の如く、アムトラック。バック・ベイの駅では、2月よりもハトがたくさん群れていました。縁起よし。単に暖かかっただけだとは思いますが、そんなことは気にしない。

今回のメンツは、私の他、童心の鬼才H氏バックパッカーK氏課長代理Y氏の3名。道中、童心の鬼才H氏が、刑事訴訟法のとある論点について疑問を提起(確か、search incident to arrestの例外を適用して、自動車ごと押収することはできるのか、とかいったことであったような)。4人とも、こんなこと分かりませんよねと言って、結論出せず。まさかこの論点が、NY択一で登場しようとは予想出来ず。

Dsc01720

マリオット・ホテルに入り、部屋に入る。すると、H氏とY氏の部屋には冷蔵庫があるものの、K氏と私の部屋には冷蔵庫無し。そこでK氏と一緒にフロントに行き、「冷蔵庫くれ」とクレームする(注:納豆持参のため冷蔵庫の有無は死活問題)。すると、冷蔵庫待ちのウエイト・リストを作ってくれ、K氏が一番、僕が二番。しかし、結果から見ると、名簿第一順位のK氏ですら冷蔵庫にありつくことはできず。いい加減だなぁ。結局、Y氏の冷蔵庫を使わせてもらう。

Dsc01722

夕食を近くのイタ飯屋で食した後、会場を視察(正確には、電気も消してある会場こっそり忍び込んで偵察)。

私の今回の座席番号はXXYY番。初めて大学に合格した時の番号。縁起よし。単に偶然だとは思いますが、そんなことは気にしない。座席は左端通路側。トイレへのアクセス良好。

ちなみに課長代理Y氏は、ハーバードのTシャツを着てホテル内を闊歩していたところ、「お前はハーバードなのか???と訊かれ、「いやBUだ」と答えたとの由。僕ならば別の答えをしていたかもしれません。

初日。NY択一・エッセイ・MPT。昼休み時点では、皆が笑顔。ホテル7Fのラウンジに、サトウのごはんとメシのおかず(当方は納豆)を持ち込み、昼食を取る。しかし、初日終了時になると、皆の顔から生気が消える。答え合わせをしあうものの、皆それぞれ書いた内容が違うので、お互いに傷を付け合う結果。話するのやめようか、ということになる。いい大人であるにもかかわらず、話しても点数が変わらないと言う事実に、このとき気がつく。

二日目。MBE。前半で5問、後半で3問、読まずに答える。問題文を読んでも、何じゃこりゃという問題も多かったので、当てずっぽう率はかなり高い。昔から、当てずっぽうの的中率にはかなり自信はあるものの、さて今回はどうだろうか。

アルバニーからの帰路は、課長代理Y氏と一緒に、二日目終了後の翌日に早朝フライトを抑えていたの・・・ですが、ゲート変更を聞き逃したらしく、フライトをあっさりスルーしてしまう。航空会社のおばちゃんに文句いうものの、「ゲート変更はちゃんと放送したわ。キャッチできなかったあなたたちが悪いのよ」と反撃にあう。結局、午後便に(無料で)変更。タダで午後便にできたのはいいとしても、ゲート変更の放送も聞き取れないで、弁護士試験って受かるものなのかしら?不安がよぎる。

ですが、結果が出るまでは
合格を妄想させていただきます\(^▽^)/

2009年5月25日 (月)

(P.S.)その後のマイ・ライフ

最後の投稿「ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/」をアップして以降、多くの方から暖かいメッセージをいただきました。ありがとうございました。自分でも驚いています。感謝感激あめあられです。

残念ながら、サラリーマンに戻らないといけませんので、定期的にこのブログを更新することはムリと思います。ただ、ごくまれに、気まぐれで書くことはあるかもしれません。

もともと、このブログは、私の生存確認ブログでした。その後も、とりあえず私が元気でいることだけはお伝えしておきたく思います。ざっと振り返ると、こんな感じです。

5月8日(金) 

モチベーション湧かない身体に鞭打ち、最後の試験(Civil Procedure)に臨む。何とか終了。脱力。一区切りついた気分になり、「ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/」をアップし、爆睡。

5月9日(土)

08の武闘派Y氏と会う。2月バーに合格していたら、私のバーブリ・マテリアルを一式譲り渡す約束をしていたが、結果が結果であったため、譲ること叶わず。そこでY氏には代わりのものを進呈することに。自慢の両面印刷白黒レーザープリンター($400)を使い、大量にプリントアウト。夕食は馴染みの韓国料理屋で一緒に焼肉。予定通り、Y氏は12日にロスに旅立っていった。ロスで勉強に集中できるのかな??

5月10日(日)

5月19日より、西海岸の子会社2社でコンプライアンス・セミナーの講師をすることとなっていたため、その資料作り。5月12日に実施予定の船便の荷出しのため、梱包作業に明け暮れる。

5月11日(月)

08のファイナンス侍氏来訪。同氏からのお土産は、①シンガポールのマグカップと②パイナップルケーキ。5月13日まで弊宅に逗留。

5月12日(火)

クロネコヤマト来訪。船便の荷出し。アメリカでゴルフを楽しもう!とゴルフクラブ一式を持参したにもかかわらず、アメリカで一度も使うことなくもう一度太平洋を渡ることになってしまった。その日の夜は、侍氏&LLMの友人3名と夕食。

5月13日(水)

侍氏が、08の中国人LLMのEさんと朝会おうというアポを取っていたため、私も同行。そして侍氏は、BU前の駅でTに乗り、Eさんと私が見送る中、爽やかに去っていった。

夜は、大学主催のハーバー・クルーズへ。バーに落ちてしまい、09の皆さんにどのツラ下げて会ったらいいものかと悩む。しかし、どーせいずれ図書館で会うんだ、と割り切って出席することに。すると09の兄貴N氏から、明るく笑顔で「ご愁傷様でしたっ!」とコメントをもらう。そういうことなのでしょう。次がんばればいいわけですから。

なおこのハーバークルーズで、急遽ゴルフに行こうという話になる。
09のスマートK氏が早くデビュー戦を飾りたかったらしく、非常に乗り気。

5月14日(木)

この日の夜、成績発表あり。ミラー先生に深謝。パールマン先生は、グレーディングする時は人格が変わるのだろうか・・・破壊的な成績に、強烈に凹まされる。

なおJDのFさんから、「夏の間、僕のアパートをサブレットしたいんだ・・・このコマーシャルを日訳して、日本人が見る掲示板にアップしてくれない?」とお願いされたので、貸しを作ることにした。

5月15日(金)

夜、大学主催のパーティ(@キャッスル)に出席。
目的は、翌日のゴルフ打ち合わせのため。

5月16日(土)

ゴルフ。場所はStone Meadow Golf。ショートな9コースが手軽に楽しめるコース。メンツは、09のスーパーロイヤーT氏、課長代理Y氏、スマートK氏、そして私。クラブはレンタル可。しかしスーパーロイヤーT氏のみ、マイクラブを持参し、周囲にまざまざと差を見せ付ける腕前を披露。その腕前に、課長代理Y氏ともども凹まされる。

5月17日(日)

卒業式(Commencement)にゲスト(観客)として出席。感慨に浸る。
卒業式後のカクテル・パーティで、ファーンズワース御大と再会。何はともあれ、私の2年間のロースクール生活もこれで修了。というわけで、御大と祝福のハグ本当にハグ。夢が叶い大満足。

5月18日(月)

出張準備。セミナーの講師役として、英語で40分程度話さないといけない。CELOP時代のスピーキングの授業みたい・・・^^;)。というわけで一応練習。簡易スピーカーがあった方がいいということゆえ、ベスト・バイに行き、20ドルのスピーカーを買う。

5月19日(火)

ボストン6:00発の便で、ダラスを経由し、カリフォルニア州のサンディエゴへ。時差があるため、この日は時間が長く感じられた。何とかプレゼンをこなし、夕食を一緒し、とりあえず初日終わる。

なおJDのFさんから、「日本語で、こんなメールが来たんだ。サブレットの関係のような気がするが・・・僕が見る限り、寄付を求めるだけのものなんじゃないかと思うんだが、どう?」と、問い合わせメールあり。「寄付」ではなく、「部屋を見せてくれ」という内容であったため、「返事した方がいいよ」と返信する。

5月20日(水)

サンディエゴ7:00発の便で、オレゴン州ポートランドへ。前日に続き、二度目のプレゼン。留学前は、アメリカに留学すれば自分の英語力は飛躍的に上がるものだと確信していたが、そうじゃないということに改めて気がつかされた・・・ものの、時間が経ったので、プレゼンも終了。夕食は、ポートランドの海鮮を使った日本料理。アメリカで食べたどの日本料理よりも美味しかった。

5月21日(木)

ポートランドからサンフランシスコへ移動。ポートランド空港でメールチェックした所、幸運にも、バー委員会からの試験会場問い合わせメールをキャッチ。慌てて30分くらいアクセスにアクセスを重ね、何とかアルバニーを確保(ニューヨークは既に売り切れ)。
因縁の地アルバニーに、これで3度降り立つことに。

サンフランシスコへの機中で、隣の席に座っていたおじいさん何故か仲良くなる。おじいさんから、
「聖書の世界では、①ゴッドと、②ジーザスと、③スピリットがおり、これらが一体なのだが、それぞれが異なる機能を果たしており・・・」
といった話を聞く。
かろうじて、高校時代に世界史で習った「三位一体説」を思い出す。
別れ際に、名前と住所を交換し合うことに。おじいさんは、「何か送るから!と言ってくれた。・・・何を送ってくれるんだろう??

昼は、フィッシャー・マンズ・ワーフに行く。今回のセミナーに同行してくれた外部弁護士さんから、「パンの器(Bread boal)に入ったクラムチャウダーを薦める」と言われていた為、素直にそれをセレクト。

夕方、お世話になっている法律事務所へ。私のため、ロースクール入学の際の推薦状を書いてくれた先生にご挨拶。
なおこの事務所は、08のKさん昨年秋に実習していた事務所でもあり、その頃の裏話をちょっと聞く。しっかり夕食をご馳走になった。深夜便でボストンへ。

5月22日(金)

「深夜便はRed eye flightsって呼ばれているんだぜ。翌朝、眠れなくてみんな目が真っ赤になるから」と言われていたが、本当にその通り。眠気をこすって、かろうじて帰宅。その後、爆睡。起床後、部屋と荷物の整理を開始。その過程で、白のワイシャツ1枚と、手帳(大したことは書いていないが・・・)が無くなっていることに気づき、軽く凹まされる。ワイシャツなんて失くしようがないと思うんだけど。

5月23日(土)

33度目の誕生日。「33歳ですね~。散々か燦々か」と、同期某氏からメールが届く。「とりあえず、今月は結構散々だったかなあ」と思い至る。その後、出張報告を執筆開始。

その夜は、JDのFさん&トラさんと、YASU(韓国系焼肉屋)で別れのディナー。夏休みの間、Fさんはロスに、トラさんはニューヨークで過ごすため。「日本絶対来いよ」→「おー、絶対に行くからな!」→「ボストン来いよ」→「あー、いったるさ!」→「出世して俺達を雇えよ」→「その時は弁護士料安くしろよ」のループで会話は続く。

ディナー後、Fさんが「ロースクールに立ち寄りたいんだ。ピックアップすべきものがあるから」と言い出したので、ついていく。が、実態は忘れ物のピックアップではなくて、ロッカーの掃除。ロッカーの中に、ケースブックに加えて、食べ物を放り投げていたらしく、さすがに夏休み中放置しておくのはまずいと思ったらしい。ロッカーを開けた途端、微妙な異臭が・・・。
「お前、こりゃちょっとひどいんじゃ・・・。JDのロッカーって、みんなこんななのか??」
「ま、JDがみんなこんなじゃないような気はするけどね」。
仕方ないので掃除を手伝う
「これはまだ食えるぞ」
と言われてりんごを手渡されたが、とても食べる気はしなかった。
そして別れの握手。

5月24日(日)

出張報告を提出。整理も8割がた終了。
これから、最後のバーの勉強を頑張って参ります。

2009年5月 9日 (土)

ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/

兄と妹の電話(現地時間5月7日)。

妹:「お兄ちゃん、げんきー?」
兄:「元気なし」
妹:「ハドソン川に飛び込んでなぁい??
兄:「川に飛び込むなんて、めんどいからやめた。・・・って、何で知ってんの?」
妹:「ダンナがね、(NY州司法試験委員会の)サイトを見つけたんだ。あんなのあったんだー。ちょっとオドロキ」
兄:「ごめんごめん、連絡遅れて。会社に連絡したり、戦友と傷を舐めあったり、最後の試験勉強をしたりで、いろいろあってさ」
妹:「そっか。で、今、何やってたの?」
兄:「フテ寝
妹:「ははは(^▽^)/。で、これからどんな感じ?」
兄:「7月末のバーを再々受験して、8月初旬に帰国するよ。部長は、『まー、試験なんてそんなもんだぜ~』って言ってた。『フォローいただき、身に染みます』って答えたら、笑ってたけど」
妹:「そっか、じゃ、その頃会えるねー」
兄:「そっちはその頃、確か育休明けで、仕事に復帰、って感じ??」
妹:「うーん、でも保育園がなかなか無いんだ。いま、保育園ないんだよー。で、もし保育園が見つかったとしても、残業はできなくなっちゃうじゃない。残業できないなんて(働くべき時に働けないなんて)、ソルジャーとしては2流だからね」
兄:「そっか(その責任感はあっぱれだな。さすが海外営業)。でも、可愛いYちゃんの顔を見ながら日々過ごすのも、いいことかもよ」
妹:「そっかなって気も。で、お兄ちゃん、あのブログどうするの?」
兄:「そろそろ潮時かなって。明日でロースクール最後の試験も終わるしね」
妹:「最近、何か切れ味なくなってきてたよね。何かムリして書いてるな-って気もしてたし、ちょうどいいんじゃない」
兄:「やっぱり見破られてたか。正直、最後をどーやって締めたらいいもんかなと。今の状態だと、何となく締まりがよくないというか」
妹:「ブログでは受かったことにしてさ。『受かったので帰りまーす』って書いちゃえ。どうせお兄ちゃんのブログなんだから。で、最後に
このブログはフィクションであり、実在の人物・組織等には一切関係ありません
って断り書きしておけばいいじゃん\(^▽^)/」
兄:「その手があったか。わが妹ながら、文才あるなー」
妹:「でしょー♪」

というわけで、長らくのご愛読、どうもありがとうございました。このブログを作ってよかったと思っています。モノ書きの楽しさ目覚めたため、ひょっとしたら、どこかでまた、ブログを書くかもしれません。

最後になりますが、過分に評価いただき、留学の機会まで下さった会社には、本当に感謝しています。

ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/

Twilight

2009年4月28日 (火)

日本の電子辞書をアメリカで購入する

今、試験期間中です(倒産法は倒産しかかっています)。
普段は、パソコンに入れてある「英辞郎」を使って英単語を調べていますが、パソコンをオンにしているとネットを見てしまうため、最近は電子辞書を使うようにしていました。しかしどうやら、その電子辞書を、失くすか盗まれるしてしまったようです。ガックリ・・・

電子辞書がなくても、勉強にはそれほど困りません。ですが、出張の際はちょっと困ります(いちいちパソコンや紙の辞書を見るわけにいかないため)。5月19日から数日間、西海岸に出張することになっており、その時は電子辞書を持っていたい、という事情があります。いずれ買うものならば、早く手に入れておいた方がいいですし。
そんなわけで買うことにしました。

まずamazon.co.jpで購入し、アメリカに送ってもらうことを考えました。が、amazon.co.jpは、電子辞書をアメリカに送ることはできないとのこと。アメリカ紀伊国屋のサイトも回りましたが、ダメそうです。アメリカで日本の電子辞書を手に入れるのは、やはり難しいのでしょうか?

でも、探せば何とかなるものです。さまよっているうちに、富士山.comというサイトにたどり着きました。日本商品の北米向け販売サイトらしいのですが、「日本で買うより断然オトク!富士山ならセイコー電子辞書が全品格安!」と、キャッチーなコピーが書かれています。

結局、そこで以下のモデルをセレクト。
http://www.sii-dictionary.com/item/item.php?pid=10&cid=&iid=SR-G8100
我が青春のバイブル「英文ビジネス契約書大辞典」が入っている電子辞書が出現したとは・・・。感動です。もう、それだけで買っちゃえっ!という気分になりました。大人買いには気をつけているつもりなのですが、やっぱりモノを買うのは気持ちがいいです。

ちなみに、富士山.comには、セイコーの電子辞書直販サイトに貼ってあったリンク経由で辿りつきました(「北米にてご購入を検討のお客様はこちらをご覧下さい」と書いてあったため)。
少し比較検討をしてみたのですが、
日本でセイコーの直販サイトで買った場合39800円
日本でビックカメラで買った場合35000円(+ポイント)
北米で富士山.comで買った場合360ドル(送料込み)
($1=95円として34200円)。

うーん・・・メーカー直販が大敗とは(;^_^A。直販であるがゆえに、逆にコスト高になってしまっているのでしょうか?セイコーの電子辞書直販サイトさんには、もうちょっと頑張ってもらいたいです\(^▽^)/

2009年4月22日 (水)

タイ飯屋のその後に関する調査報告書

関係各位:標記の件、以下の通りご報告します
(なお、バックグラウンド・ミュージックは、ファミコン・ゲーム「さんまの名探偵」とさせていただきます)。

1_2まず、タイ飯屋の現状は上記の通り。
何と、看板既に取り外されています!キッチン改装工事のはずなのに・・・なぜ看板を取り外す必要があるのでしょうか??この地で営業をする気がまったく感じられません。やっぱり閉店??

2「やっぱり閉店なのか・・・」と残念に思いつつ調査を重ねた所、ドアに上記の張り紙を発見。「738 Commonwealth Aveに引っ越すから、よろぴくね\(^▽^)/」。絵文字まで入ってなかなかファンキーです。ヒトの気も知らんと、あっけらかんと言いおるなぁ(;^_^A

3とにもかくにも、とりあえず「738 Commonwealth Ave」へ。
で、たどり着いた場所は上記。証取法のホワイトヘッド教授が毎朝出没する(らしい)と言われるベーグルカフェの隣。そして、ロースクールのどまん前
以前の場所から歩いて1分半程度ですし、売場面積がさして広くなったという印象も無いため、引っ越しの意味がやっぱりよくわかりません。気分でも変えたかったのかな?もう少し近づいてみましょう。

4Coming Soon!」とはありますが・・・
うーん、いつになるんだろ・・・

私はこの店の「サム・ヌム・ヌードル」が大好きでした。私がボストンに居る間に復活してくれることを切に期待しています(^▽^)/

2009年4月17日 (金)

パールマン若御大(3)

Civil Procedureでの、パールマン先生と学生(達)とのやりとり。

先生:「Aさん、Can you help us?(※)」
(※先生は学生を指名する時、いつもこう優しく問いかけ)

Aさん:「先生、今日はごめんなさい・・・」

先生:「そうか。じゃ、もう一回。Bさん、Can you help us?」

Bさん:「先生、私も今日はちょっと・・・なんですぅ」

先生:「しょうがないなぁ。次ダメだったら、ボランティアを募るか・・・。Cくん、Can you help us?」

Cくん:「よっしゃ。おれはやったるぞー

先生:「おっ、Brave!! ひゅーひゅー(@桃の天然水)」

生徒一同:「おおおおおーっ

パチパチパチパチパチパチパチ・・・・
生徒一同からなぜかCくんを讃える拍手が自然発生。
(もちろん私も拍手に参加)

先生:「ホント、変なクラスだよなぁ・・・。普通、1Lのクラスって言ったらさあ、指名されたら学生はStickするものなんだと思うんだけど(笑)。まーいいや」

Cくんとの質疑が一通り終わる。

先生:「じゃ、そろそろ・・・。クリッカータァイム!!!

生徒一同:「いっえーいっ!!

先生がパソコンで4択の問題を出します。学生が、クリッカーと呼ばれる電子デバイスを使って、それに回答します。今日の問題では、(A)と回答した学生が40%、(D)と回答した学生が40%、(B)(C)と回答した学生が各10%。このようにマジョリティ回答が無い場合、パーセンテージが発表されると、クラス中で
「おおおおおおおーっ」
と、どよめきの声があがります。

そういえば数週間前の話になりますが、先生が黒板に全米の地図を書いた所(管轄を示すため)、生徒から「へただなあ」という声が漏れました。それに反応した先生が、急にパソコンからとある映像をピックアップ。

それは先生が、米国版クイズ・ミリオネアにテレビ出演した時の動画。パールマン先生のエンターテイメントには慣れているはずの生徒達も、これは完全に予想外。先生に出題された問題は、「4つの都市(北京、東京、シドニーとあとどっか)を北から並べた場合、3番目は何か」というもの。10人の早押し、先生は3番目か4番目。

先生:「どーだい?僕が地理に弱いってわけじゃなってことが分かっただろ?でもなあ、ここで1番になっていれば、オレの人生も変わったかもしれないんだけどなぁ」

生徒一同:「おおおおおおーーーっ」
クラス中でものすごい歓声と拍手が沸き起こっていました。

パールマン先生は、以上のように相当なエンターテイナーですが、教授としての実力も確かです。英語は非常にわかりやすい上、教材(パワーポイント)は非常に視覚的で、シラバスもよく整理されています。考え方はファーンズワース御大にそっくりで、学生への愛で満ちており、フォローも行き届いています。なお、私の勝手な推測にすぎませんが、おそらくパソコンおたくと思われます。

僕が高校時代、教職に憧れていたことはブログのあちこちで独白してしまっている所ですが、僕も生まれ変わったら、こんな先生になってみたいなあ、と思っています。

【5/15補記】
成績を貰いました。2月バーのため、あまり勉強できなかった僕も悪いのですが、パールマン先生のGradingは、かなりキツイです ^^;)

«ちょっとリハビリ中

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック