トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月18日 (木)

留学出願準備 出願書類準備 2)エッセイ編

私は、レジュメ同様、アゴス・ジャパンのRyan氏と話しながら、エッセイを仕上げていきました。よく言われるのが、とにかく一校だけでもエッセイを書き上げて、それをテンプレートとして使いまわす・・・というものですが、私も、この例に倣いました。低TOEFLだったので、とにかく気合が入っておりました(笑)

まず私がやったのは、エッセイ課題の要素分析です。各校のエッセイ課題を全て集めてエクセルで表にし、要素分析をし、エッセイを通じて各校が何を問うているのか、を把握するようにしました(以下、この表を「エッセイ課題要素チャート」と呼ぶこととします)。特許の世界で、クレームチャートを作って請求項(クレーム)の要素(エレメント)分析をすることがありますが、発想は全く同じです。課題を読んでも何が要素として問われているのか良く分からない時、あるいは、アドミッションの意図が図りづらい時は、Ryan氏の意見を全面的に取り入れました(どうせ、私には良く分からんので・・・)。

私がテンプレートとして選んだのは、Wake Forest大学のエッセイ課題でした。一番、基本的な要素を含み、問題としても素直だったからです。

テンプレートとするエッセイ課題の選択においてのみならず、実際に各校のエッセイを書くときも、エッセイ要素チャート表は大いに威力を発揮しました。Ryan氏曰く「エッセイは、問われている要素を、問われている順番に答えていくのが原則」とのこと。全くそう思います。それを頭で分かっていても、私は、エッセイ書きに慣れ始めた中盤においても、要素に答え切れていない駄作を相当数書きました。そんな時は、Ryan氏に、「この表はどうしたの」とよくたしなめられました。

書く量についてですが、Ryan氏曰く、「字数制限が無ければ、エッセイはTimes New Romansの12ポイント、ダブルスペースで、3枚」とのこと。確かに、中身と読みやすさのバランスを考えると、3枚が適当かな、と思います。

実際に、私が行った08ボストン大LLMのエッセイ課題分析と、その結果である私自身のエッセイ骨子を下記します。

A carefully worded and detailed personal statement of interest is an important part of your application.  You should discuss your (1) personal and (2) professional reasons for pursuing the LL.M. degree.  You should also include (3) an explanation of your study interests and their relation to (4) your previous study, (5) employment experience and (6)professional goals.

  1. LLMの学位が必要な個人的な理由/動機
  2. LLMの学位が必要なキャリア上の理由/動機
  3. ロースクールで勉強したい興味ある学問分野
  4. その興味ある学問分野と勉強との関係
  5. その興味ある学問分野と業務経験との関係
  6. その興味ある学問分野とキャリアゴールとの関係

で、上記分析の結果、仕上げた私のボストン大向けエッセイの骨子は以下となります。

〔第一段落〕今勤めている会社(以下「当社」)のコーポレートカウンセルとしての仕事に必要なアメリカ法の知識を得るため、ボストン大LLM(アメリカン)を志望している。米国法に精通することは、コーポレートカウンセルとしての私には不可欠である・・・なぜなら、米国法は、米国のみならず全世界の法律問題解決のプラットフォームとなっているからだ。

〔第二段落〕私が大学で法学部生をしていた頃から、米国法には興味があった。米国の法学者から見て日本の刑事司法がどう写っているのか興味があり、カリフォルニアレビューの論文を読んだ。そして、ゼミ教官の指導の下、サクラメント州裁判所で陪審裁判を見学し、ロースクール(UC Davis)を訪問した。これらの経験は、私の米国への興味を欠きたて、アメリカでアメリカ法をいつか勉強したい、と思うきっかけとなった。

〔第三段落〕私の当社でのキャリアゴールが、更に、ボストン大で米国法を習得する必要性を強めている。当社は、20XX年までにY兆円の売り上げを目指しており、そのためには全世界において、M&A、特許紛争が不可避となろう。そのような世界的成長ニーズに応えるため、私は社内奨学生として選ばれた。私の長期的な目標は、当社での法務統括責任者である。そうなるためにも、ボストン大で得た法律知識を活用し、同社で更に経験を積んでいきたい。私が日本に戻る時、仕事はきっとたくさんあるであろう。

〔第四段落〕ボストン大のLLMにおいて、私が興味あるのは「business law」の分野であり、具体的には以下の科目である・・・契約法と不法行為法を履修することにより、契約上のリスクを然るべく分析できるようにしたい。当社は世界的なシェアを持っている分野が多く、M&Aに際して独禁法の知識は不可欠。当社は多くの特許訴訟を経験しているので、特許法、知財法は是非履修したい(以下続くが省略)

〔第五段落〕私の学部時代での勉強も、ボストン大で、興味ある分野を勉強する助けとなろう。学部時代に興味があったのは刑事訴訟法であるが、民法・商法分野のクラスも多く履修してきた。しかし、独禁法・特許法は履修しておらず、入社後、ad hocで自分で学び、セミナーや弁護士との実務を通じて学んできた。これを機に知識を整理し発展させていきたい。

〔第六段落〕私の業務経験も、ボストン大で、興味ある分野を勉強する助けとなろう。私は、アメリカでのベンチャー投資、中国での合弁設立、その他特許紛争、大型ソフトウエアライセンス契約及びエスクローアレンジなど、多くを行ってきた。例えば、某国において工事紛争が発生した時、私は・・・(以下略)。この事例においては、契約法・不法行為法を学んでいれば、どの種の損害が賠償されえたかの見分けがより素早く確実にできたのではと思っている。馴染みの薄い分野について、ボストン大で知識を補強し、global legal practitionerとしての能力を高めていきたいと思っている。

〔第七段落〕だからボストンのLLMは私にとってこんなに価値が高いです(だから入れて、お願い)

・・・このエッセイ、何時見ても自分のものとは思えないのが唯一の欠点です(笑)

2007年10月15日 (月)

留学出願準備 出願書類準備 1)レジュメ編

レジュメ(履歴書)とエッセイ(志望理由書)についてですが、私は、時間が無く、とにかく効率重視でしたので、TOEFL同様、プリンストンレビュー(現アゴス・ジャパン。http://www.agos.co.jp/)を活用することにしました。出費は結構ありますが、必要投資と割り切ることにしました(そう割り切れるまでには、随分と時間がかかりましたけど・・・)。日本人カウンセラーの佐取永基氏と日本語で過去・現在・未来のネタ出しを終えた後で、ネイティブカウンセラーのRyan Tacorda氏に見てもらいながら、レジュメ・エッセイを仕上げました(お二方には、大変お世話になりました)。

さてレジュメについてですが、大学・社会人経験を時系列で整理し、アピールできそうなことを効果的に配置していくのみですから、「ネタ出し」さえ終えていれば、それほど時間はかからず仕上がると思います。私はRyan氏に見てもらいましたが、レジュメに関しては1回のカウンセリングで終了しました。独力でもある程度仕上げられるとは思いますが、レジュメエッジ(http://www.resumeedge.com/services/student-resume/index.php)などを活用するのも手かもしれません。

レジュメの長さは一頁です。無理やりにでも一頁に収めるべき、と思います。当地でLLMダイレクターと科目の履修登録などで話をするときがありますが、彼はきまってこのレジュメを見ながら話をしています。つまり、レジュメは、彼らがパッと見れるものであるべきなんだな、ということです。

私はレジュメを中心にして、出願書類全体(エッセイ、推薦状)をorganizeしていきました。①レジュメのここに書かれている米国ベンチャーへの出資プロジェクトについてはエッセイで具体的に補強しよう、②大学の卒論作成(カリフォルニア・ローレビューの論文を読んで、刑法学会に行って、といったこと)については、ゼミの先生に推薦状で客観的に根拠付けて頂こう、③人間性が現れる体育会での部活動については、さすがにエッセイで書くわけにいかないから、部活の顧問の先生(法学部教授で授業も履修)に推薦状で少し口ぞえて頂こう、などといった感じです。

レジュメも、何だかんだで大学院に出すものなので、リーガル・アカデミックな感じが、じわじわじわーっと滲み出るように書くよう努力しました。ただ、もともとがリーガル・アカデミックな人間ではないので、そこが一番しんどかったんですけど(涙)

留学出願準備 学校選び

さて学校選びです。会社への手前、全落ちは、絶対に回避すべき事態でした。そんなことになったら、私の居場所はどこへやら・・・(爆)。私の場合、TOEFLの点数がそれほどでもなく、大学の成績もそこそこ(GPA3.3程度)で、弁護士でもなかったため、楽観視できる状況ではありませんでした。そこで、UCNewsのランキング表と、アゴス・ジャパン発表の合格実績と照らし合わせて、合格可能性を分析しながら、後は私の好みでピックアップしました。仕事に係わる米国ビジネス法をgeneralに学ぶことが目的であったため、「この科目をこの教授の下で専門的に学びたい」という強いインセンティブが無かったためです。

なお、大学時代にUC Davisに、アメリカ出張の際にDukeとWake Forestに立ち寄ったことがあり、この3校は絶対に受験しようと決めていました。特にWake Forest大には、キャンパスビジットの際に暖かく迎えて頂き、これは受験しないと失礼にあたるのでは・・・と思わせられるほどでした(指定された駐車場に、「Welcome」と書かれた赤い紙が貼られていましたし・・・)。今でも、あの暖かさは忘れられません。

出願校および結果は以下の通り。レジュメ・エッセイを作成している段階で、1・2校入れ替えましたが、年末から年明けにかけて、ほぼ当初の予定通りの学校に出願しました(下記カッコ内の数字はUS Newsのランキングの数値)

  • Duke (10)                   不合格
  • Cornell (13)                  不合格
  • Vanderbilt (16)             ウエイトリスト→辞退
  • Washington (St. Louis) (19)         合格
  • Boston (20)                   合格
  • Illinois (25)                   合格
  • UC Davis (34)                 合格
  • Wake Forest (36)               合格

なぜ、ボストンへの進学を決めたかというと、、、それは詳細後述となりますが、オンキャンバスでインタビューを受けたので愛着が生まれた、ということが最大の理由です。後は会社の方針(①会社としても投資であるため、特段の事情が無いならば、よりランキングの高いロースクールへの進学が望ましい、②会社として送り出す以上、より安全な土地であることが望ましい)にも合致していた、ということも大きかったです。

なお、③松坂レッドソックス入りが騒がれていた頃だったので、それに思いっきり触発されてしまったこと、④家族と親戚がこぞって「遊びに行けるからボストンにして」と言っていた・・・ということは、完全に考慮の埒外であります(^^;

2007年10月13日 (土)

留学出願準備 英語との闘い(つまりTOEFL)編

何はさておきTOEFLです。TOEFLの点数が思ったように上がらない、特にリスニングがだめなのー、というのはもはやお約束(笑)。そんな時は、「仕事がなければ準備に集中できるのに」とよく思うものです。私はしょっちゅう会社のせいにしていました(注:もちろん、留学させて頂いていること、感謝しておりますm(_ _)m)。

私の頃はCBTからIBTの移行期で、IBTの影におびえながらCBTを受け続け、結局250点超えられぬままにCBTはタイムアップ(結局、240点どまり)。昨年10月にIBTを受けたものの、惨憺たる結果・・・。このままでは間に合わなくなると思い、CBT240点を他で補うべく、かつ、年末年明けに出願できるよう、10月以降は出願書類作成に注力しました。

そんな私のTOEFLの結果推移は以下の通り。プリンストン・レビュー(現アゴス・ジャパン)にお世話になっていました(特に文法、ライティングは劇的に点数が上昇しました)。お陰で240点までは順調でしたが、そこから先は根性無く、超えられませんでした。

  • 2005/12  187 (L11、S/W23、R22、W4.0)
  • 2006/01  220 (L20、S/W22、R24、W4.0)
  • 2006/02  出張のため受験キャンセル(涙)
  • 2006/03  240 (L19、S/W27、R26、W5.0)
  • 2006/04  217 (L15、S/W26、R24、W5.0)
  • 2006/05  227 (L17、S/W28、R23、W5.5)
  • 2006/06  237 (L21、S/W25、R25、W4.0)
  • 2006/07  240 (L20、S/W26、R26、W4.5)
  • 2006/08  自己最高点を超えられず即忘却(爆)
  • 2006/10  IBT受験するも、総合70点で内訳忘却

勉強の方法論は人それぞれの実情に合わせてカスタマイズすればよく、普遍的にこれがいいということもないでしょう。ただ、共通して大切なのは「とにかく反復継続あるのみ」ということかと思います。

結局、何がいいたいかというと・・・「ロースクール指定の基準点(ボストンはCBT250点だった)以下でも、何とかならないことは無いです!で、実際に来て見ると、TOEFL240点でも260点でも、そんなに(良いかどうかは別として、いずれにしても授業についていけないという悩みを持つことには)変わりないです。来てからが本当の勝負です」ということです。出願時を振り返って考えてみると、この低TOEFLには相当ナーバスになっていました。何とかならないことは無い、ということは確実にいえますので、TOEFLで悩んでいる方(特にIBTは大変と思います)には、どうか頑張って欲しいと思います。もちろん、TOEFLで高得点を取っている方は、そのまま突っ走ってください!

留学出願準備

ちょっと前の自分を振り返って、の話になりますが、簡単に留学準備のことを記録しておきます。章立ては以下の通りです。

1.英語との闘い(つまりTOEFL)

2.学校選び

3.出願書類準備

  1)レジュメ

  2)エッセイ

  3)推薦状

  4)その他(成績表、スポンサーレターなど)

4.ボストン・ローの出願について

5.最終合否結果

2007年10月12日 (金)

はじめに

このブログは、留学準備中のこと、留学中のことを、備忘的につづっておこうと思いたち、始めるものです。将来読み返したときの思い出作りという側面もありますが、今後留学を目指す方の参考になれば、とのささやかな思いもあります。前々からやってみたかったブログですが、留学中は、やはり勉強が第一義なので、これからブログを始める余裕などあるのか、ブログをやっている時間などあるのか、というところがあります。そこで、一つルールを。ブログにかける時間は、1日20分を上限とする。というわけで、なかなか更新されなかったり、コメントに返事が無かったりすることは大いにありえますが、どうかご了解のほどお願いします。

トップページ | 2007年11月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック