« 留学出願準備 学校選び | トップページ | 留学出願準備 出願書類準備 2)エッセイ編 »

2007年10月15日 (月)

留学出願準備 出願書類準備 1)レジュメ編

レジュメ(履歴書)とエッセイ(志望理由書)についてですが、私は、時間が無く、とにかく効率重視でしたので、TOEFL同様、プリンストンレビュー(現アゴス・ジャパン。http://www.agos.co.jp/)を活用することにしました。出費は結構ありますが、必要投資と割り切ることにしました(そう割り切れるまでには、随分と時間がかかりましたけど・・・)。日本人カウンセラーの佐取永基氏と日本語で過去・現在・未来のネタ出しを終えた後で、ネイティブカウンセラーのRyan Tacorda氏に見てもらいながら、レジュメ・エッセイを仕上げました(お二方には、大変お世話になりました)。

さてレジュメについてですが、大学・社会人経験を時系列で整理し、アピールできそうなことを効果的に配置していくのみですから、「ネタ出し」さえ終えていれば、それほど時間はかからず仕上がると思います。私はRyan氏に見てもらいましたが、レジュメに関しては1回のカウンセリングで終了しました。独力でもある程度仕上げられるとは思いますが、レジュメエッジ(http://www.resumeedge.com/services/student-resume/index.php)などを活用するのも手かもしれません。

レジュメの長さは一頁です。無理やりにでも一頁に収めるべき、と思います。当地でLLMダイレクターと科目の履修登録などで話をするときがありますが、彼はきまってこのレジュメを見ながら話をしています。つまり、レジュメは、彼らがパッと見れるものであるべきなんだな、ということです。

私はレジュメを中心にして、出願書類全体(エッセイ、推薦状)をorganizeしていきました。①レジュメのここに書かれている米国ベンチャーへの出資プロジェクトについてはエッセイで具体的に補強しよう、②大学の卒論作成(カリフォルニア・ローレビューの論文を読んで、刑法学会に行って、といったこと)については、ゼミの先生に推薦状で客観的に根拠付けて頂こう、③人間性が現れる体育会での部活動については、さすがにエッセイで書くわけにいかないから、部活の顧問の先生(法学部教授で授業も履修)に推薦状で少し口ぞえて頂こう、などといった感じです。

レジュメも、何だかんだで大学院に出すものなので、リーガル・アカデミックな感じが、じわじわじわーっと滲み出るように書くよう努力しました。ただ、もともとがリーガル・アカデミックな人間ではないので、そこが一番しんどかったんですけど(涙)

« 留学出願準備 学校選び | トップページ | 留学出願準備 出願書類準備 2)エッセイ編 »

留学出願準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/8424258

この記事へのトラックバック一覧です: 留学出願準備 出願書類準備 1)レジュメ編:

« 留学出願準備 学校選び | トップページ | 留学出願準備 出願書類準備 2)エッセイ編 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック