« Farnsworth教授契約法の試験終了 | トップページ | さるーさるさるさるー »

2007年12月26日 (水)

ボストン大への出願(後編)

Q:直近の目標は何ですか?
A:1月1日の一時帰国までに、体重を何とかウエルター級まで戻すことです(注:現在、ミドル級
参考:http://www1.odn.ne.jp/haru/data-other/boxing.html

確か、当日12時頃に空港に着いて、タクシーでロースクールまで行き、化粧室で身支度を整え、LLMオフィスに向かって歩き出した所で、話は止まっていたかと思います。以下、その続きです。

実は、インタビューの時間まで、まだ2時間もありました。ですが、時差のせいで、もうメチャメチャ眠くて。そこで、早く行けば早く終わるかもと思い、早めにLLMオフィスに行くことにしたわけです。
オフィスに行くと、カウンターに女性が一人。彼女がスケジュール管理をし、私に連絡をくれたサラ氏でした。
「待っていたわよ~」。
ちょっと和みました。
「時間まで、GSU(ジョージ・シャーマン・ユニオン。要するに大学生協)で楽しんで来たらいいわよ」というのが、彼女のアドバイス。
この時、「眠くてたまらんから、早くインタビュー始めて欲しいんだけど」とは、とても言えませんでした・・・小心者なので ^^;)

GSUは、コンビニとフードコートが合わさったような構成になっています。ピザやブリトー、中華に加えて、スシが沢山売っているのを見つけました。「これは話のネタになる」と思い、チェック。外に出ると、川が凍っていました。これもネタとしてチェックです。

サラリーマンとしてお約束の15分前行動を取ったため、インタビューは早めに始まりました。
インタビュアーは副ダイレクターのジェシカ氏(以下、敬称略で「ジェシカ」とします)。フレンドリーでした。以下はいつもの形式で。

ジェシカ:「ようこそボストンへ」
T:「いやー、川が凍っていて驚きました」
ジェシカ:「そうでしょー。どうぞお掛けになって」
T:「ありがとうございます。電話よりも会った方がお互いget to know each otherと思い、ここに来ました。seeing is believingと言いますし(←事前に仕込み)」
ジェシカ:「全くそうねー。で、何でボストン大学を志望したの?」
T:「このパンフレットに、ボストンのLLM in アメリカン・ロー・プログラムは、global legal practitionerを目指す人のためのプログラムだ、って書いてありますよね。会社は、全世界でのlegal transactionを遂行するため、global legal practitionerを求めています。私は、global legal practitionerになりたいと思っています。だからこそ、会社は私をスポンサーしてくれているというわけです。以上の事情に、貴プログラムがjust fitだと思ったからこそ、志望しました」
ジェシカ:「よく分かったわー。じゃ、どういうきっかけでボストン大学を知ったの?」
T:「プリンストン・レビューで知りました」
ジェシカ:「なるほどねー(注:私の頭の中にあったのは渋谷のプリンストン・レビュー。彼女の頭の中にあったのはアメリカのプリンストン・レビュー。理解はかみ合っていないが会話はかみ合った)。じゃ、何か質問ある?」
T:「CELOP(サマースクール)について聞きたいのですが」
ジェシカ:「何?」
T:「私は、英語にそれほど自信があるわけではないです。また、私のTOEFLが貴校の基準点(CBT250, 25each)に到達していないことも分かっています。ですから、貴校が私をacceptしてくれる場合でも、CELOP参加がconditionalになると思っています。CELOPには興味があり、是非行きたいと思っています。でも、今多くの仕事を抱えており、colleagueにtransferしないといけないので、時間が必要です。だから、9週間コースへの参加を条件とされると苦しいです。何とか6週間コースでお願いしたいんですけど(会話の雰囲気が良かったため、誘導尋問気味に直球勝負)」
ジェシカ:「CELOPに興味を持ってくれてありがとう。心配しなくても大丈夫よ。よく話せているし。6週間コースで十分だと思うわ」
T:「(内心やった!と思いながら)ありがとうございますm(_ _)m」
ジェシカ:「えーっと、次に・・・」

ここで、ダイレクターのジョン氏(以下敬称略で「ジョン」とします)が乱入。http://www.bu.edu/law/prospective/llm/american/directors_message.html
えっ、3者面談ですか?うーん、これは想定外・・・(爆)

ジョン:「ボストンはどうだい?」
T:「スシが大学生協であんなに売っているとは想像しませんでした
(←ここが持ちネタの使い所と判断)」
ジョン:「おっ、そうかい?スシはボストンで一番typicalな食べ物なんだぜ」
T:「Really??」
ジョン:「ホントホント。で、君は・・・、xxxxx(企業グループ名)yyyyy(大学名)だったね」
T:「(うっ、我が特徴をたった2単語で片付けられてしまった・・・彼から見れば、私はそんなものか・・・)その通りです」
ジョン:「そういえば、日本の司法試験制度が変わったんだよね。今年はどうだった?」
T:「この年は、一橋大学がトップと聞いています(先生に推薦状を貰いに言った時、法科大学院改革の話を聞いていて助かった・・・)」
ジョン:「ええっ!何で?Todaiはどうした???」
T:「一橋が良い結果を挙げたのは、少人数教育を重視し、暗記ではなく思考力にフォーカスしたかららしいです」
ジョン:「ふむふむ。まあ、どのロースクールも『自分がトップ』って言うものだしなぁ(←自爆ですか??)。ちなみに、ボストンは、Chuoと提携関係にあるんだ」
T:「(道理で日本の大学事情に詳しいわけだ・・・)なるほど。それは知らなかったです。では、日本に来られたこともあるんですね」
ジョン:「その通り。で、ごめん、ちょっと出なければいけなくて」
T:「Good Newsを心待ちにしています」
ジョン:「じゃ」

そして、残されたジェシカ氏と私。

T:「えーっと。何か私について追加のご質問あります?」
ジェシカ:「それは私のセリフね。無いわー(笑)。OBリスト欲しい?」
T:「(都市伝説によれば、このセリフが出たら合格とか)宜しくお願いします」
以下よもやま話をして解散。

というわけでインタビュー終了。全部で40分くらいだったと思います。ホテルに戻り、爆睡する前にメールチェックした所、ジェシカ氏からメールでOBリストが送られてきました。そこで眠いのを我慢して、礼状メールをジョン氏とジェシカ氏に送りました。
「私と話す時間を取ってくれてどうもありがとうございました。フォローアップのメールにも深謝します。ボストン大学の雰囲気はwarm-heartedでsupportiveと感じました。これから、DCに向かいます。
追伸:あの後、街を歩きましたが、フェンウエイパークと大学の距離が余りにも近くて驚きました」

ジョン氏の返事は以下。
「会えてよかったです。十分な時間が取れず申し訳なかったが、in personで会える機会が持てたのは本当によかった。その通りだ!ボストンには多くの魅力的なattractionがあるけど、そのうちの一つがFenwayだ!Perfect place for a study break!!」

で、次の日の午後、合格通知を貰いました。しかも、合格にCELOPコース受講のConditionは付いていませんでした。対面で会ったことを評価してくれたのでしょうか。中々イキなことを・・・。実際に大学を見て、アドミッション各位と話し込んだ結果、愛着が沸いてしまったため、この瞬間、ボストン行きを95%決めました。「CELOP行く」と言い切りましたので、約束通り、6週間のコースに行くことにしました。

もし、ボストンに行く機会が作れるならば、インタビューは、電話よりもオンサイトをお勧めします。二人ともフレンドリーですし、対面である程度話しなれている人ならば、合格可能性は相当に上がると思います。仮に電話であっても、二人ともいわゆる純ドメ日本人の下手な英語には慣れていますから(爆)、気軽に話を進めたらいいのでは、と思います。

なお、その後も容赦なく出張は続いたのですが、全精力を使い果たしてしまったため、本当に大したことができませんでした。上司から
「まったくお前は、しっかり合格だけ貰ってきおって・・・」
と言われましたが、
それは本当にその通りです。どうもすみませんでしたm(_ _)m

ちなみにスシがボストンでtypicalな食べ物であることは本当です。
私もよく、自宅隣のスーパーで買って食べています。助かってます。
(完)

« Farnsworth教授契約法の試験終了 | トップページ | さるーさるさるさるー »

留学出願準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/9577163

この記事へのトラックバック一覧です: ボストン大への出願(後編):

« Farnsworth教授契約法の試験終了 | トップページ | さるーさるさるさるー »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック