« 2007秋学期の成績発表 | トップページ | かつてなき成果主義 »

2008年1月23日 (水)

アパートの契約の更新通知

(契約満了から半年以上前だというのに)
アパートの契約の更新通知が来ました。
正確には、もう1年、契約を延長しますかどうしますか
という問い合わせです。
私の留学期間は基本的に2年ゆえ、
派遣元に一報を入れた上で、延長する予定です。

通知書を見てみると、
次の契約から家賃が値上がる様子。
$1500/月から$1600/月になるとの由。

私は許容範囲が比較的広めらしく、
「まあいいか」で済ませてしまうことが多いため
それは文句を言うべきだ
と忠告されることが多いです。
文句を言うべき時は言わなければいけませんが、
基本的に、文句は言う方も言われる方も
辛いことだよなぁ
、という気持ちが常にあり、
ここはアメリカだから、中国だからと言う理由で
文句を言うことが常に正当化されるものでもない
だろう、と思います。
アメリカに来てからというもの、
「文句を言うべきだ」と「文句を言っていいのか」の
間で悩むことが、むしろ多くなったような気がします。

あれこれ考えた挙句、
文句を言う前に理由を聞いてみて、
この$100の値上げが合理的なものなら応じる
ことにしよう、とそこまで決めて
隣のスーパーに買い物に出かけました。

・・・とするとそこに、アパート契約の時に世話になった
不動産屋のF氏とたまたま出くわしました。
何とよいタイミング!
アドバイスを求めると、
「$100値上げだったら合理的。いいDealと思うよ。
 だって元々、君の部屋は$1650だったんだから。
 君が契約した時はたまたま相当安くできてね・・・」
との由。
F氏には家賃や仲介手数料を安くしてもらったり、
挙句、家賃を1ヶ月間タダにしてもらったり、
色々と世話になってきました。
間違ったことも言わないでしょう。
「アドバイスに従うよ」と答えました。
契約延長できないと困るのは最終的にこっちだし。

先日の帰国で、ばっちゃんから
「どんなことがあっても、義理人情だけは大事にね
との至言をいただきました。
これからも、文句を言う前には、
その文句を言うのが妥当なのか
常に考えるようにしようと思います。
理性を保っていられる限りにおいて・・・ですが(;^_^A

« 2007秋学期の成績発表 | トップページ | かつてなき成果主義 »

ボストン生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/10027113

この記事へのトラックバック一覧です: アパートの契約の更新通知:

« 2007秋学期の成績発表 | トップページ | かつてなき成果主義 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック