« フロにまつわるエトセトラ | トップページ | 新学期開始、および当地初写メ »

2008年1月13日 (日)

サバイバル・グッズ

日本から、(泣く泣く)ボストンに戻って参りました。
今回、決して無為に帰国したわけではなく、今後のための
サバイバル・グッズを幾つか仕入れてきました。
これで何とか春学期を生き抜きたいと思います(^o^)/

1)増強メモリ

Photo_4

当地の増強用メモリは、日本のパソコン(PC)と相性が合わないことがあるようです

私のPCは、既存メモリを2枚とも当地増強用メモリと差し替えた所、起動を拒否するようになりました(1枚だけの差し替えならば動作したため、1枚のみ差し替えて仮に使用していました。理由不明)。
私の同級生N氏に至っては、何とも気の毒なことに、業者にメモリ増強を依頼したのに、結局成功しなかったとか。
というわけで今回、日本でしっかりと相性のいい増強用メモリを購入です。早速差し替えた所、一発で動作しました。さすがです。

なお、メモリの隣に写っている「学業増進お守り」には、個人的にかなりの期待を寄せております。

2)簡易電気毛布

Photo_5ボストンの冬は寒く、自宅で勉強していると、足元が冷えるのが悩みでした。もう若くないんですね、きっと。

本当はこたつが欲しい所ですが、とても持ち帰れません。どうしたものか悩んでいた所、実家でばっちゃんが電気毛布をひざ掛け代わりに使ってマッサージチェアでくつろいでいるのを見て、「これだ!」と思い一発購入。やはり、従うべきは年の功です。使い心地は中々良く、勉強椅子との相性は抜群です。ただ、勉強中、より眠たくなるようになりました(←いいのかな??)

3)電球型蛍光灯

Photo_6当地の電灯は、基本的にスタンド型です(日本のように、部屋の天井に差し込んで、みたいな電灯ではないです)。電球を入れて使います。ただ、通常の白熱電球の明かりは勉強に不向きで、どうしたもんかなぁ、と悩んでいました。当地でも電球型蛍光灯を探したのですが、リサーチ不足か、見つけることができていませんでした。

そこで、自宅の全ての電球を電球型蛍光灯に切り替えるべく、日本で大人買いすることにしました。人生で初めて、電球だけで1万円以上を一度に使いました。電球型蛍光灯って高いですね。あまりの高さに躊躇しましたが、眼精疲労防止には欠かせない投資、と割り切ることにしました。冬のボーナスの存在が私の気を大きくしていたのかもしれません。

さて、これで春学期への備えは万全と思われましたが、
知的財産法のテキストを読んだせいか、いきなり
知恵熱(37度程度ですが)を出してしまいました・・・
身体がテキストを拒否しているのでしょうか。さもありなん。
何とも情けない限りですが、とりあえず頑張ります(;^_^A

« フロにまつわるエトセトラ | トップページ | 新学期開始、および当地初写メ »

ボストン生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/9856171

この記事へのトラックバック一覧です: サバイバル・グッズ:

» 韓国のボーナス [雑学博士になりたいっ!!,サバイバル・グッズ]
韓国では、秋にボーナスが出ます。韓国では11月ごろにキムチを仕込むので、その材料費をまかなうためだそうです。だから、「キムチボーナス」ともよばれるそうです。 [続きを読む]

« フロにまつわるエトセトラ | トップページ | 新学期開始、および当地初写メ »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック