« サバイバル・グッズ | トップページ | OFP推奨ホットチョコレート »

2008年1月19日 (土)

新学期開始、および当地初写メ

1月15日(火)から春学期が始まりました(涙)。
学期の最初の2週間は、ADD/DROP Periodといい、
自由に授業に出席することができます。
で、期間最終日までに、どの科目を履修するのかを
最終的に決めます。
(一種の「お試し期間」という位置づけ)
この期間をどのように過ごすかはまさに学生次第ですが、
アプローチの仕方は、大きく2通りに分類可と思われます。

A)多くの授業に出て、自分のニーズに合う授業を探す。
B)予め履修する授業を決めておき、許容範囲ならば
  その授業の履修を即座に決める。

チキンな私は常にB)です。最大の理由は、
早く授業を決めないと宿題が溜まるたです。

で、実際に授業に出てみた所、履修予定の授業は
自分にまあまあ合っていると思われたため、
(この先よっぽどのことが無ければ)そのまま決定です。
おそらく今学期は
1) Commercial Code (Miller教授)
2) Antitrust (Hilton教授)
3) Intellectual Property (Bone教授)

を履修することになるでしょう。

1) Commercial Codeについて言えば、
指定教科書対応のCommercial Brief(市販の判例ブリーフ)
をゲットできたことも大きな決定要因です
(これで苦痛が幾分か和らぎます)
英語の上達はイマイチ実感が無いのですがヾ(-_-;)
飛び道具(=参考書類)の見つけ方、使い方だけ
かなり上達してきたのを実感します(;^_^A

3) Intellectual Propertyについて言えば、
Bone教授のキャラがなかなか秀逸です。
噂通り、マッド・サイエンティストといった風情で、
教室中を飛車角の如く縦横無尽かつ情熱的に動き回り、
エキサイトするとボディランゲージが激しさを増します。
そのボディアクションの激しさゆえ、最前列に座った学生が
パソコンを叩き壊された
という逸話を聞きましたが、多分
真実でしょう。楽しく生きておられる感じで羨ましさを感じます。
授業で当てられる可能性があるのは依然プレッシャーですが、
それはいつもの話なので仕方ない、と(無理矢理)思うことに
しています (〃´o`)=3

さて、何だかんだで結構イベント豊富なボストン大ですが、
本日金曜日も、LLMを対象としたパーティがありました。
会場はキャッスルという、ボストン大学所有のパーティ専用
の邸宅
です。

看板です。
Kanban_2

中の雰囲気です。
Party

この写真は、当地の携帯で撮りました。つまり当地初写メです。
私の持っている携帯はサムソン製のT-Mobileですが、
携帯にケーブルを差し込んで直接画像を取り出すのではなく、
携帯から一旦、WEB上にあるMy Albumという自分のアルバム
に送信し、そこから画像をコピー/ダウンロードしなければ
いけないのでちょっと面倒です。
画質もイマイチです。やはり日本の携帯は大したものですね。

なお、当ブログは本国にいる家族への消息確認を兼ねています。
先日の帰国で分かったことですが、父はちゃんと私のブログを
読んでくれていました。感謝です。
父ちゃん、息子は、現時点においては、ギリギリ一杯の所で
生き残っていますので安心してね(^0^*

« サバイバル・グッズ | トップページ | OFP推奨ホットチョコレート »

ロースクール生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/9963721

この記事へのトラックバック一覧です: 新学期開始、および当地初写メ:

« サバイバル・グッズ | トップページ | OFP推奨ホットチョコレート »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック