« スキーと腰痛と原田知世 | トップページ | 知的財産法の授業(2) »

2008年2月13日 (水)

社長イスとの訣別

昨週末は腰痛のため、立ち上がる事すらままならず、
散々かつ悲惨な思いをしましたが、
何とか80%くらいまでは快復し、
(残念なことに)ある程度勉強できるようになりました。

ブログのコメントにもいただいておりますように、
今回の腰痛の原因が、私の運動不足にあることは
間違いなく、大いに反省しております。
ボストン大学自慢のジム&プールが、
ロースクールの通学途中(徒歩5分)にありながら、
ここ数ヶ月それを活用していなかったという事実には
情けなさすら覚えます。

そんな情けない私ですが、
ブログで腰痛を愚痴ってしまったがために、
心優しき同期各位から、
数々の腰痛体験談、並びに処方箋をいただきました。
どうもありがとうございました m(_ _)m
失礼を承知で率直な感想ですが、
意外に腰痛もち多かったんですね
皆で身体を労って頑張っていきましょう (o^-^)尸~

さて、腰痛防止のため、色々と考えていかないと
いけませんが、とりあえず
「あの社長イスがいけないんじゃないの~」
とのN氏の指摘を、速やかに実行することと
しました。

Photo

言われてみて気がついたのですが、
この社長イス(左)、勉強の際には
背もたれ部分を殆ど使っていなかったので、
事実上の丸イスと化していました。
社長イスは、背もたれによりかかって
書類をチェックする偉ーい人のためのもの。
N氏は、そんな私の心の驕りまでも
見抜いていたのでしょう。
(少々持ち上げすぎたか・・・(;^_^A )
日本から持ってきた係長イス(右)に取り替えました。

腰痛に苦しんでいた最中、母親から
「いい、もう思ったほど若くないのよ
と言われたのを思い出しました。
会社の中にいると若手と呼ばれ、
ついつい若さを錯覚しがちですが
単に、平均年齢マジックが為せる業
だったのかもしれません。
・・・と思って、今日とある同期に、
「思ったほど若くないと思って、自分の
身体をいたわるべきなんだなと思った」
と話したところ、
「やだー、私まだ20歳のつもりなんだけど」
と返されました。

それもありだと思います\(^▽^)/

« スキーと腰痛と原田知世 | トップページ | 知的財産法の授業(2) »

ロースクール生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/10480648

この記事へのトラックバック一覧です: 社長イスとの訣別:

« スキーと腰痛と原田知世 | トップページ | 知的財産法の授業(2) »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック