« 学費の値上がり(前年比4.5%増) | トップページ | 終わりゆく春休みとアーリースタート »

2008年3月15日 (土)

Model Penal Code

法律書以外に英語の本も読んだ方がいいな、と思い、
最近少し読んでいるのが「One L」(Scott Turow著)。
知り合いの米人弁護士が薦めてくれた本で、
著者のハーバードロー1年生の時の経験が
書かれています。その中に以下の記述あり(pp.29)

「Much of our time would be spent on the Model Penal Code, a criminal statute drafted in the '60s by the American Law Institute, a group of legal scholars, and since adopted by a number of states

ALIが作ったモデル刑法典があって、多くの州が
それを批准して州の刑法にしている、ということ。
ぐむぅ、まったく知らんかった・・・(;^_^A

JD学生とのハンデは、英語のみならず、基礎知識
という面でも、それなりに大きいものがあります。
バーで問われるのは、我々が得手とする発展法の
分野ではなく、基礎法の分野ですからね・・・
こんなんでバーは大丈夫かな?
(大丈夫にするしかないんだよなぁ)

« 学費の値上がり(前年比4.5%増) | トップページ | 終わりゆく春休みとアーリースタート »

NYバー準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/11352360

この記事へのトラックバック一覧です: Model Penal Code:

« 学費の値上がり(前年比4.5%増) | トップページ | 終わりゆく春休みとアーリースタート »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック