« ボストン・ローの偏差値 | トップページ | バーブリの配本(第一回) »

2008年4月 9日 (水)

予防接種と家さがし

今頃、09のLLMの方は、渡米準備を鋭意進められていることと思います。そこで、昨年度の経験ベースですが、渡米に際して、役に立ちそうなことを簡単に書いておきます。会社派遣の方は、海外赴任に準じて渡米準備を進めていけば足りるはずですが、BU個別の事情も無いわけではありません。その辺りをフォーカスすることにしたいと思います。

1)予防接種について
大学から、Certificate of Immunizationなるフォームが送られてくるはずです。病院で予防接種を受け、そのフォームを埋めてもらいます。過去、どの予防接種を受けたのかよく分からなければ、母子健康手帳を持って病院に行くといいでしょう。特にHepatitis B(B型肝炎)などは3回打つ必要があり、それぞれ所定の間隔を空けないといけないため、計画的に接種することをお勧めします。私の場合、中国ベンチャーへの投資を渡米直前まで担当していたため、予防接種のことをすっかり忘れており、慌てて(留学のための予防接種に手慣れていると評判の)霞ヶ関ビル診療所に駆け込み、6月頭から接種を始めました。結構な数の注射を短期間で打ったため、左腕が腫れました。また、予防接種を受けた日はお酒が飲めないため、数多い送迎会の日を微妙にずらしながら接種を受ける、という苦労を味わいました。なお、全ての接種を終わらせる必要は必ずしもありません(終わるに越したことは無いですが)。私も、B型肝炎の3回目つい先日打ち、やっと全てを終えたばかりです。

サマーの初日(かその数日内)に、大学の保健所(CELOPの目の前)に、記入済みのCertificate of Immunizationを提出する機会があるはずです。その際に、コピーは取っておくようにするといいでしょう。とある同級生は、「こんなもの役に立たん」とばかりに、受付の担当者に、持参した記入済みフォームを目の前でビリビリに引き裂かれました・・・(;^_^A。私は、このビリビリを目の当たりにしたお陰で、何かを提出する前には、必ずPDFを取っておく、というクセを習得することができました。

2)家さがしについて
今年の日本人LLMは(大学近辺の)アパート・マンションか、院生用独身寮(通称「580」。理由は、Commonwealth Ave 580にあるため)に住んでいます。相場は、部屋の広さと立地により大きく異なりますが、ボストンですからやっぱり総じて高です。私の住んでいるマンションは、1Bed、かつロースクールから自転車で7分の立地、スーパー隣で、1500ドル/月です。

アパート・マンションの探し方ですが、日系の不動産屋(ボストンアパマン、ボストンエイブル)、あるいは当地の不動産屋経由で探すことが多いようです。その中でも、日系の不動産屋経由で探した、というケースが比較的多いように感じます。私は両方行きましたが、最終的には、当地の不動産屋さんに、「これは10年に1度のディールだぜ」と薦められたマンションに決めました(担当者がすごく親切だったこと、なぜか1ヶ月分タダにしてくれたこと、も要因です)。なお、日系の不動産屋さんは確かに日本語が通じるので安心できますが、それだけで、かゆい所に手が届く、という所までのサービスを期待することまでは難しいかもしれません(もちろん、親切な不動産屋さんも多いとは思います)。文才溢れる同期某氏は次のように言っていました。「(彼らを)英語が通じる日本人と思わないほうがいい。日本語が通じるアメリカ人だと思うべし」。

引越の流れについてですが、まずサマーの間だけは大学の寮に入り、その間にアパート探しをして、サマーと新学期の間の(10日程度の)休みを活用してアパートに移る、とした同級生が最も多かったです。私もそうでした。もちろん、大学の寮を経由せず、直接アパートに入った同級生も複数名います。このあたりは人それぞれです。

ちなみに、サマーのために大学の寮に入る際には、抱き合わせ販売の如く「ミールプラン(食事)」の購入を義務付けられます。確か、週あたりの食事回数が多い順に、「19+」「14+」「10+」の3種類じゃなかったかな・・・。日本に居た時、「学食としては美味しいと評判」と聞きましたが、まあ、ウソではないと思います。学食としては頑張っていると思いますが、(カフェテリア形式で色々選べるとはいえ)メニューが一定なのでとたんに飽きがきます。個人的には、「10+」で十分でした。最初、私は「14+」で申し込んでいましたが、後で「10+」に変えてもらいました。

アパート探しの際、①ケータイ(不動産屋さんとの連絡のため)と、②銀行口座(手付金の支払のため)、の2つは予め必要、と思った方が良いようです。

①ケータイは、パスポートを持って(日本と同じ要領で)街中のあちこちにある代理店に行けば、すぐに手に入ります。外国人は、デポジットを支払うことを求められることが多いでしょう。ケータイのキャリアとしては、Verizon、Cingular、T-mobileあたりがあります。どれを選ぶかは好みの問題になりますが、アメリカ駐在歴の長い友人は、イメージとして、Verizonはドコモ、Cingularはソフトバンク、T-mobileはAUだと言っていました。なるほど。

②銀行口座は、パスポートを持って銀行に行けば大概すぐに開けると思いますが、ロースクールからGSU(大学生協)に向かう途中にある大学内のバンカメ(Bank of America)で開くのが、おそらく一番手っ取り早いでしょう(留学生に慣れていますし)。私も、バンカメで口座を開き、日本で作ったTCを自分宛にサインして、何千ドルかを入金しました。ちなみに、このバンカメで、私は、洗濯機に使う25セント玉(クオーター)をよく両替しています。

当地には当地の不動産慣習があります。最も代表的なのは、基本的に1年契約である、ということでしょうか。どうも中途解約といった概念は余り無いらしく、
①契約を解約したい場合は、まず不動産屋・大家に連絡。
②彼らが次の賃借人を探す最善の努力を行うものの、
③賃料支払リスクは賃借人が負う、
ということらしいです。無償による中途解約条項をネゴされてもよいと思いますが、成功する確率は低いと思われます。もっとも、私が今住んでいるマンションは、今年の1月に「契約を更新しますか。あるいは、契約を更新しないのなら、何月に退去する予定ですか」という趣旨のアンケート用紙が配られました。ボストン大学の学生が多く住んでいるからかな、と推察しています。

ボストンは恵まれた街ですので、基本的に、大概のことは何とでもなります。なお、負荷上、個別のお問い合わせにはとても応じきれないと思いますので、予めご了承くださいm(_ _)m。

« ボストン・ローの偏差値 | トップページ | バーブリの配本(第一回) »

サマー・渡米準備他」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。今年の夏から父上のLL.M.留学についていく2歳児マドと申します(という設定で、母が書いているのは内緒です)。端的にまとまっていて、素敵な投稿でしたので、今までこっそり拝見していたのですが、コメントを残させていただく事にしました。特にコピーの重要性、これは頭に入れておかねばならないようですね…。あぁ、恐るべし、アメリカン。

はじめまして。コメントいただき、どうもありがとうございました。リンクは、もちろん自由に張っていただいて構いません。ご家族で、素晴らしい日々を過ごされることを祈念しています。

若干補足を。

1.携帯
KDDIが日本語メール対応の携帯を出してます。日本国内で契約・端末受取も可能なようです。

2.アパート
(1)
ボストンには古い建物が多いです。特に小さなお子さんのいらっしゃる方はアスベストの有無に注意、らしいです。
(2)
1年契約が一般的らしいですが、私は1年と少しという半端な期間で契約できました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/20061202

この記事へのトラックバック一覧です: 予防接種と家さがし:

» 子連れ留学が決まったら [窓@Berkeley]
それは、突然やってきました。 上海から戻って、1年がかりでゆっくり過ごせる家を建て、5月に引っ越して、ようやく落ち着き始めた、2007年6月のこと。 父上「あのー…、異動辞令が出まして」 母上「へ?引っ越したばっかりなのに!?」 父上「それが…、米国に....... [続きを読む]

« ボストン・ローの偏差値 | トップページ | バーブリの配本(第一回) »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック