« ニューヨーク?アルバニー? | トップページ | バー用ソフトウエアのインストール完了 »

2008年6月 6日 (金)

新しいI-20

「2年目修学用の新しいI-20(入学許可証)が出来たよ」とメールが来たので、OFP(留学生オフィス)に行ってピックアップしてきました。後で質問するのはめんどくさいので、早速その場でチェックです。
パッと見ベースで気づいた、1年目LLM用I-20との相違点

1)専攻欄に「Multi-/Interdisciplinary study(学際的研究?)」、学位欄に「Non-degree」との明示あり。1年目のI-20は、「Program for Foreign Lawyers」だの「Master's」だのと書いてあってちょっとカッコよかったのに。卒業したにもかかわらず、何だかグレードダウンした気分です。むう・・・

2)なぜかI-20が2部あり、ホチキスで綴じられている。1部目と2部目の相違点は、1部目にはサインがあるが、2部目にはサインが見当たらない、というもの。

1)のグレードダウンは仕方ないとしても、2)のI-20が2部あるというのはよく分かりません。違いはサインがあるか無いかだけだし
その場でサラを捕まえて「これってcuriousじゃない??」と訊いた所、彼女も「奇妙ねー。こんなの見たこと無いわー」との反応。担当者に電話をかけて訊いてくれました。

サラから聞くところによると
「違いは、実はサインのあるなしだけではない。
1部目には、『Continued attendance at the school
2部目には、『Initial attendance at the school
とある。実はここが重要なんだ」
・・・と、担当者は言っているらしい。

ウォーリーを探せじゃないんだからヾ(- -;)。
とはいえ、そう言われれば、確かにその通り。そして、「Continued」という語は確かに重要そうです。でも、サインも無い2部目が必要という説明にはなっていないな。

この時頭をよぎっていたのは、アメリカに再入国する時にイミグレから色々訊かれたらヤダな、ということだけです。
まあ、2部目はあって困るというものでもなさそうだし、1年目のLLM用I-20も持っていれば「continued」の説明も説得的に出来るだろうと考え、「まあいいか」ということにしました。アメリカに来てから、「まあいいか」で済ませる確率が格段に上がったような気がします。

ちなみに肝心のバーの勉強はどうかと言えば、イマイチはかどっていません。Propertyよく分かりません。正答率上がりません。知識あいまいです。英語力イマサンです。うーん、どうしたもんかなぁ。

先日、卒業式に来たオヤジに
もうちょっと頭よく生まれたかった。しんどいわー」
と愚痴ったことがあります。
「いやいや、生きるって辛いことだなー
とその場で返された挙句
「才能を持って生まれた人はそれはそれで幸せだろう。しかし、努力した結果の成功でなければ達成感は得られないだろう」
と追い討ちを食らいました。

ま、まあねぇ・・・。ごもっともでございますm(_ _)m
それでもなお、達成感よりもグータラな生活を望む息子は、やっぱり愚息なんでしょう。ですが愚息なりに、来るべきバーに向けて、焦ることなく、重要な論点を一つ一つ潰し、一問一問片付けていくことにしようと思います。

« ニューヨーク?アルバニー? | トップページ | バー用ソフトウエアのインストール完了 »

ロースクール生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/21452257

この記事へのトラックバック一覧です: 新しいI-20:

« ニューヨーク?アルバニー? | トップページ | バー用ソフトウエアのインストール完了 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック