« エッセイに関する一考察 | トップページ | MA州運転免許取得に向けて(1) »

2008年7月25日 (金)

かけるべき言葉の検討

昨年末、ふとしたきっかけから始めた弊ブログですが
「ボストン大学」「ロースクール」でgoogleすると
トップで出てくるまでに成長してしまいました。
同級生のご両親や奥さんもこのブログをお読み下さっているとか。
とある同級生のお父さんは、このブログを見て情報を仕入れ、
アドバイスを送っておられるとか。
「このブログの情報をベースに」
というところがいささか心配ではあるのですが、
私、責任持てないですよ
多くの方にお読み頂いているようで嬉しく思っています。
ありがとうございます。

さて、来週火曜日と水曜日(7/29-30)がNYバーになります。
ボストン大学ロースクール内の状況しか分かりませんが、
ごく一部の例外を除き、日本人には非っ常ーに厳しい
状況にあると言えます。ロースクールの中では
 「・・・は、終わった?」
 「・・・まだだっぴょん^^;)」
 「じゃ、どうする?」
 「斬るしかあるまい」(←もうやらない、の意)
みたいな会話ばかりが飛び交っています。
本当はちゃんとその部分もやるべきであって
斬ってはいけないのは言うまでもありません。
北斗の拳を髣髴とさせるような世紀末な状況において、
彼ら受験生にかけるべき言葉
どのようなものであるべきなのでしょうか。

1)「受かってね♪」
・・・上述のように、ごく一部の例外を除き、非常に厳しい闘い
が予想され、ロースクール内ではため息が支配しています。
一般的にはこの言葉は避けた方が無難ですが、
その方が、追い詰められることによって力を発揮する
マゾヒスティックなタイプである場合には
効果的である可能性があります。

2)「がんばってね♪」
・・・少なくとも私は、「もうがんばれにゃい」という気持ちになって
います(だからブログで現実逃避)。同級生の半数以上はこんな
感じかなと思います。できれば避けるのがよいでしょう。

3)「気をつけてね♪」
・・・これがベストと思われます。言葉が、試験に対してではなく
その人そのものに向いているためです。

というわけで、私のお勧めは「気をつけてね♪になります。
もっとも、誰も彼も、もういい大人ですので
かける言葉で結果がどうこうなるものでもないかもしれませんが。

ちなみに私の父は、5月に卒業式出席のためボストンに来た際
まあ、ほどほどに
と言っていました。
多少無愛想ですが、これも可と思います\(^▽^)/

このようなブログをこの時期に書いてしまうとは
私もちょっと現実逃避をしてしまったようです。
30分-40分程度なので許してやってください。
そんなこんなですが、
とりあえず来週、頑張ってこようと思います。

« エッセイに関する一考察 | トップページ | MA州運転免許取得に向けて(1) »

NYバー準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/22533089

この記事へのトラックバック一覧です: かけるべき言葉の検討:

« エッセイに関する一考察 | トップページ | MA州運転免許取得に向けて(1) »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック