« アルバニー戦記(2)(前日)~苦悶の章~ | トップページ | やってしまったコミットメント »

2008年8月10日 (日)

アルバニー戦記(3)(初日)~苦闘の章~

「人からこう言われるのが望みです
『彼は完璧ではないが、自分のミスを潔く認めるし
できるだけ早く直そうとする』と」
                 (by バラック・オバマ)

前夜眠れぬまま、夜が明けました。パソコン組は7:45集合であるため、7:30にホテルを出て、目の前にある試験会場へ。バーブリの1ガロン入り透明袋を持った受験生たちが、「もう待ちきれないよ」とばかりにワラワラいます。部屋の準備が手間取っていたようで、結局入室できたのは8:00頃。その間、トイレの場所をチェックしました。

部屋は非常にゴージャスで、イスはフカフカ。私の席は、一列目のど真ん中やや左。プロクター(試験官)の目の前であったため、試験官の指示はよーく聞こえました。これは一応、ラッキーの一つと言うべきなんでしょう。私のいる一列目は6人いましたが、5人が日本人で1人が中国人。どうやらLLM部屋となっていたようです。なお同室に、マレーシア人のBU LLM同級生がいました。

パソコン受験の場合、自分のPCを持ちこみ、SofTestというソフトを起動して受験します。このソフトはBUの定期試験で用いるソフトと同じであるため、扱いには慣れています。また、私のPCは(日本語OSではなく)英語OSであるため、システム上の問題も発生しませんでした。つつがなくセットアップ完了。

Dsc00442_22日間を通じ、試験運営に基本的には文句がないのですが、唯一ナンクセをつけるとすれば、この腕輪。最初につけさせられ、2日間外すことができません。おかげで、私がこの世の至福としているお風呂のエンジョイが著しく制限されました。なぜかA氏はこのことには強気で、昼休みの電話で
「こんなの腕がかぶれますよ。これは手錠だっ!」
「人権侵害だっ!!憲法違反だっ!!!」
と息巻いていました。そういうことは私にだけではなく、ぜひバー委員会に言ってもらいたいのですが。結局、A氏はバー委員会の権力に(自主的に)巻かれ、一旦ブチ切った腕輪を貼りなおして過ごしたとの由。彼曰く、「いや、完全には切れていませんでしたから

この日は、
午前:NY択一50問、NYエッセイ3問
午後:NYエッセイ2問、MPT1問
という構成。エッセイもMPTも、比較的ストレートな出題であったように思います。全く何も書けない、ということはありませんでした。私が見る限り、出題テーマは、

〔第一問〕Torts、Property
〔第二問〕Criminal Procedure、Evidence
〔第三問〕Partnership、Contract
〔第四問〕Will、UCC(Secured Transaction)
〔第五問〕Property、Domestic Relations

といった感じ。そこそこ答案が形になったのは、MBE科目からの出題が多かったからなのでしょう。といっても、これはカンペキだぜ、と自信を持って書けたのは、4問目のSecured Transactionの小問のみ。エッセイは、何か書くと書けた気になってしまう、という所が怖いところです。なお、トイレ場所チェックを綿密に実施したにもかかわらず、結局、一度も試験中にトイレにいかずに済みました。人間、我慢しようと思えば何とかなるものです。部屋の温度はとくに寒すぎず暑すぎず、Tシャツに薄手のパーカーで丁度いいくらいでした。

試験を終え、部屋に戻ってしばらくすると、ニューヨーク受験組の情報も入ってきました。①ジャビットセンターは机がザラザラだけど思ったよりマシだったとか、②ジャビットでもやはりLLMは集められていたようだとか、③同期某氏がホテル代をケチって一泊80ドルの監獄部屋に宿泊した挙句(ドアを開けようとしたらドアノブが取れたらしい)、タクシー代をケチって(ホテルから試験会場まで)マンハッタンを1時間弱かけて徒歩で横断し、新たな猿岩石伝説を打ちたてたとか。

かえすがえす彼には申し訳ないのですが、私はスゥイート4連泊。腕輪を濡らさぬよう左腕を上げてお風呂をエンジョイし、そのままその日は寝ました(続く)

« アルバニー戦記(2)(前日)~苦悶の章~ | トップページ | やってしまったコミットメント »

NYバー準備」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しくまた勉強になるなあと思いつつ拝見しております。先月私も初めて受験をしました。ボストン大学ではお友達も多く残られているようでうらやましいです。

私も今春ロースクールを卒業し、まだ米国に滞在しています。周りにあまり仲間もおらず、大変ぶしつけで恐縮ですが、もし可能であれば直接連絡をとらせていただきたく存じます。

何か良い方法があれば、ぜひ教えてください。もちろん、無理をいうつもりはございませんので、ご検討いただければ嬉しいです。

 

NY在住者さん

ご愛読&コメントありがとうございます。連絡の方法について考えたのですが、ブログの設定をちょっと変更し、コメントを、管理者(私)の承認が無ければ公開されないようにしました。ご連絡先を、コメントとして書き込み頂けますでしょうか。お返事差し上げたく思います。

Twilight

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/22891807

この記事へのトラックバック一覧です: アルバニー戦記(3)(初日)~苦闘の章~:

« アルバニー戦記(2)(前日)~苦悶の章~ | トップページ | やってしまったコミットメント »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック