« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月27日 (月)

ボストン・ローにおける1Lライフ概論

当地のロースクールでは、米国人学生は、一般に「JD(ジュリス・ドクター)」という3年間のコースを履修します。そのJDコースの1年生のことを「1L(ワン・エル)」と呼びます。

「ロースクールにおけるワークロードを100とすると、1Lが99で、2Lと3L合わせて1かな」と、昨年3Lの学生から聞きました。また、Scott Turow著の小説「ONE L」にも、ハーバード・ローにおける1Lライフの大変さが描かれています。ロースクールの学生が、かくも1Lライフを負担に感じるのは、最初に法概念の基礎を理解するのが大変、ということもあるでしょうが、1L時の成績が将来(の就職)に直結する、というところが大きいと思います。1L時の成績が良ければ、裁判所のクラーク、大手渉外法律事務所に就職できる可能性が高まりますし、ロー・レビューの編集委員になれる可能性も高まります。

では、我らがボストン・ローにおいて、そんな1Lライフはどんな感じなのでしょうか?

今学期、同一Sectionの1L基礎科目を3科目履修しているおかげで、最近、ようやく少し見えてきたような気がします。「同一Sectionの」と言う所が一つの大きなポイントなのですが、それは以下をお読み頂ければ分かります。

ボストン・ローの今年の1L学生は約270名。90名ずつ、Section A、B、Cと3つのセクションに割り振られ、(個人単位ではなく)そのセクション単位授業を受けます。1L学生には科目履修選択の余地はなく、強制的に以下の基本科目を、1年かけて勉強することになります。
①Constitution(憲法)
②Contracts(契約法)
③Criminal Law(刑法)
④Criminal Procedure(刑事手続法)
⑤Procedure(民事手続法)
⑥Property(財産法)
⑦Torts(不法行為法)
⑧Writing Seminar(ライティング・セミナー)

例えば、前回の投稿で登場した1L学生トラさんの場合、Section Cに属していますので、この秋学期の履修は、
C1 Contracts(Pettit教授。週3)
C1 Procedure(Farnsworth教授。週3)
C1 Property (Lawson教授。週3)
C1 Torts(Silbargh教授。週3)
⑤Writing Seminar(多分、週1)
となります(なお、①②③④は全て520号室で行われますので、移動の手間はゼロ。そのあたりの便宜も図られています)
私は今学期、上記5科目のうち②③④を履修しています。都合週9回も彼らのクラスに顔を出していますから、Section Cの1L学生に間違えられるのは避けがたいことだったわけです(大学すら間違えていて、私のメールアドレスをSection Cのメーリングリストに入れてしまっていますし)。最近、9月の頃と比べて、クラス全体が明らかに打ち解けてきている様子が見てとれますが、同じメンツで同じ時間をずーっと共有しているわけですから、自然な成り行きといえるでしょう。1年かけて延々とゼミをやっているようなものなのですから

概して、それぞれの科目は、完全に独立しているかのような誤解があるかもしれません。しかし私には、それぞれの科目が、有機的に強く関連づけられて教えられているように感じられます(バー受験を通じて法の全体像だけは知っていますから、より強く、それが感じられるのでしょう)。Section Cの教授同士で、そのあたりを少し意識している様子も伺えます。そういえば先週金曜日も、「えーっと、Silbarghさん(Torts担当)はここ説明したかい?」と、Farnsworth御大(Procedure担当)が言っていたような・・・。あと、1L基礎科目ではありませんが、Evidence(証拠法)は全ての授業において頻繁に登場してきます。

よく言われることですが、私も、1Lの基礎科目の授業は、知識の定着というより、論理的思考力(reasoning)の醸成に主眼が置かれていると感じます。特に、Tortsにおいてその傾向が顕著です。自分なりに考えられるのならば、まあ客観的な出来映えはそこそこでもいいや、という割り切りが随所に感じられます。会社で言えば、「とりあえず新人に仕事をさせてみて、自分で考えさせるクセを付けさせよう」という、上司のまなざし近いものがあります。

今回、私がSection Cの1L科目をたくさん履修しているのは、全くの偶然です(多分、ジョンも気づいていないでしょう)。これは非常に嬉しい偶然でした。米国の弁護士育成システムの最初の一歩を、目の当たりにできているわけですから。私の上司の口癖は「現場に出て本質を見極めろ」ですが、少しそれができたような気もします。

そんなわけで、幸せをほどよくかみ締めながら、これからロースクールの自習室に行って、1L科目の予習をしてこようと思います。

2008年10月26日 (日)

MA州運転免許取得に向けて(4)〔長文〕

Greiman教授似の厳しい教官(以下「フローラ教官」)から、日本人LLM同級生が未だかつて受けたことがない「補習」を宣告されてから数時間。さすがに凹んだのですが、しっかりと当地での運転を学ぶよい機会かもしれないな、と思いなおすことにしました。

その補習は、10月24日(金)の早朝6:00から、試験会場(Brookline High School)、ということになりました。
補習の場合、自宅まで迎えに来てはくれませんので、自力で現地に行かなければいけません。朝っぱらからいやだなー

googleで調べたところ、自宅からの距離は約2マイル徒歩40分ですが、自転車ならば20分かからずにいける感じです。
そこで自転車の空気でも入れておくかな、と思い立ち、空気を入れ始めた所、あろうことか後輪をパンクさせてしまいました(爆)。
前日、「石橋を叩き壊して渡るって、どんな感じなんですかねー」と09のN氏&Y氏と笑いあったことが頭をよぎります。多分、こういう状態のことを、「石橋を叩き壊す」と言うのでしょう(;^_^A

パンクと格闘していたら、かれこれ午前3時になりました。それなのに直りません。仕方ないので、徒歩で行くことにしました。この時間ですから、寝たら起きられなさそうです。そこで寝るのは止めにし、Tortsの予習をダラダラしながら時間を潰し、午前5時に自宅発。午前5時45分に現地着。お約束の体育会15分前行動です。

しかし、午前6:00を20分過ぎても、フローラ教官は現れません。電話したところ、「あらー、午後6:00よー(午前6:00じゃないわよ)」と明るい声。徹夜がムダと化した瞬間です。力が抜けました。

ただこの事態、リスク・マネージメントを得意とする(小心者な)私には完全に予見できていました。
「確かに彼女、『very early morningのレッスンはどう?』とは言っていたけど、会話の流れからすると、ひょっとすると『午前』6時ではなく、『午後』6時と解釈できる余地があるかもしれないな・・・」
そこで前夜、
「自分は午後6時ではなく、午前6時だと思っているけど、その理解が間違っているのなら連絡ください」
と、彼女の留守電にメッセージを入れておきました。その後特に連絡がなかったため、安心して午前6時に行った、というわけです。
ですから文句を言おうと思えばできたのですが、言いませんでした。きっと彼女が私の留守電を聞いた時、自責の念に駆られるだろう、と思ったからですが、何よりも文句を言う体力が失せていました。
要は無駄足に終わったわけですが、せっかくなので試験コースを徒歩で回り、地理感覚を一通り確認しておきました。

その日は、半分寝ぼけながら授業を2つ受け、半分寝ぼけながらJD1年生のT氏(以下「トラさん」)と昼メシを食べました。トラさんには、私がMA州の免許を取ろうとしているのが、合理的な選択には映らないようです。「だって、ユーは、運転できるじゃないか。国際免許も持っているし。IDだったらMass IDで十分だろ」。ごもっともです。

昼食後、2時間ほど昼寝をして、またBrookline High Schoolへ徒歩で行きました。今度は午後5:45に現地着。しかし、今度もフローラ教官は現れません。まさか、すっぽかされた??
午後6時を20分ほど過ぎたので、また電話することにしました。彼女曰く「渋滞に巻き込まれていて・・・今向かっているの・・・as soon as possibleで行くわ。Believe me for this」との由。もうここまで来たら、どこまででもアナタを信じます。ていうか、他に選択肢ない

それから15分ほどはボーッと待ち続けていましたが、いい加減ヒマになってきました。「Believe me」と言われても限界があります。私のIpodの中に「If I believe」(@倉木麻衣)という曲が入っていましたので、「If I believe---」というサビに合わせて、「If I believe --- I have to wait for you forever」などと、歌詞を変えて遊んでいました。さらに15分くらい経つと、歌詞遊びにも飽きたことと、いい加減寒くなってきたので、ダンスもどき動きをして身体を温めていました。

結局、フローラ教官が到着したのは午後7:00ちょっと前。最終的に1時間以上待ったことになります。もう、あたりは真っ暗です。道なんか見えやしません。普通だったら、教習も何もできなさそうです。ですが補習は、フローラ教官がビックリするくらい上手く行きました。道は見えませんが、朝来た時に実際に歩いて確認しているわけですから、特に問題なかったわけです。地理感覚さえ掴んでしまえば、運転そのものはイージーです。「何でそんなにスムーズなの?」と聞かれたので、朝来た時に歩いて確認しておいたことを伝えると、「そうよ!それが大事なのよ!」と絶賛されました。後は、three-point turnとか、縦列駐車だとか、ロード・テストには無いけれど実際に使うテクニックを教わって補習は終了。「あなた、いい生徒だったわ」とお褒めの言葉をもらいました。自分で言うのもなんですが、私もそう思います

ちなみに、この補習は無料でした。完全に、フローラ教官の善意だったわけです。本当にマジメな方だったんですね。ただ、フローラ教官の教習レベルが、ロード・テスト(路上試験)で求められるレベルをはるかに超えていたことは確かです。テストに合格することだけを考えた場合、ちょっとdemandingすぎたかもしれません。

ロード・テストは、10月25日(土)の午前7:30からでした。それにしても、12時間おきに、3回も同じ場所に行く羽目になるとは。
「午前7:30開始だけど、午前7:00には行っておいた方がいいわ」とフローラ教官が言っていたため、その通りに行くと、既に10人くらいの人が列を作っていました。Punctualとは程遠いアメリカ人でも、免許がかかるとマジメになれるんですね。やればできるじゃん!

ちなみにこのロード・テストですが、相当にいい加減です。
①シートベルトを締め忘れない、
②一時停止の標識の前ではしっかり停止する、
の2点さえ守れば、多分合格です。警官もろくに見ていません。フローラ教官は「試験官である警察官の指示に従って運転するのよ。良く聞いて」と言っていましたが、実際には、後部座席から、教習所の教官が適当に指示を出していました。彼が気にしていたのは、運転の内容ではなく、車を降りる際は常にドアを開けておけ、ということだったように感じられてなりません(すぐに人が入れ替われるように)

そんなわけでめでたく合格し、警察官がグジャグジャっと記入したLearner's Permitを貰いました。所定の記入欄をまるっきり無視して、私には判読しきれない字で何やら書かれていますが、後はこのLearner's PermitをRMV(陸運局)に持っていって発行手続きを取れば、免許がもらえるはずです。やったっ\(^▽^)/

今回は、下記のように、(試験内容に見合わぬ)膨大な時間投資を強いられてしまい、とにかく疲れました。
①待ち時間 2.5時間(しかも道の寒空で)
②徒歩移動 4時間(片道40分×6)
③教習時間 2時間(正規教習+補習) 
④試験時間  わずか3分・・・crying

なお、勢い余って前夜にパンクさせてしまった自転車の修理費用10ドルでした(;^_^A

2008年10月24日 (金)

MA州運転免許取得に向けて(3)

今日は運転教習でした。ロード・テスト前の1時間教習です。教官は年配の女性でした。誰に似ているか、といわれれば、International Business AgreementのGremian教授に似ています。忘れましたが南米か欧州の何処かの国の出身で、彼女の「ターン」は、「トーア」に聞こえます。日本の教習所教官を思わせるきちんとした指導振り。何でも事故の統計処理を仕事としていて、退職後は(おそらく「今の職についてからは」という意)高校生にきちんと運転ルールを教えることを心がけているとか。

彼女曰く、「確かにあなたは運転できるんだけど、もっとロード・テストのことと、当地の交通システムのことを知った方がいいわね」。というわけで、明日、早朝補習をすることに(爆)。誰も彼もが「余裕だ」というだけで、「補習を受けた」なんて話は聞いたことがありません。

昨日、Greiman教授のライティング・アサインメントに時間をかけざるをえなかったため、夕べはちょっと詰めて作業をしていました。Greiman教授にロースクール内外でお世話になったため、今日は心身ともに疲労困憊です。凹んでいるのでとりあえずこのへんで。

2008年10月21日 (火)

Shawsマーケット改名の謎を解き明かす

私が住んでいるアパートのごく近所に、「Shaws」という
いかにもアメリカンなスーパーマーケットがあります。
(中国系スーパー「88マート」の近くでもあります)
私の母にも分かるよう、少し説明を加えますと
卒業式の際に来てくれたとき、
「うーん、野菜高いわねー」
と言っていた、あのだだっぴろいスーパーです。

そのShawsが、最近、店内の改装を終えると共に、
店の名前を「Shaws」から「Stars」に変えました。
うーん、これはどういうことなんだろう?
買収でもされたのかな??
と不思議に思っていたのですが、
じっちゃんの名にかけて
その謎を解き明かしてきましたので
以下の通りご報告申し上げます。

(・・・といっても大したことではなく、
Shawsの中にある寿司コーナーの店員さんとなじみ
なので、ダベって聞いただけの話です(;^_^A)

「ひさしぶりだなー。日本に帰っていたのかい」
「ちょびっと。でも授業があるから戻らざるを得なくて。
寿司コーナー、引っ越ししたんだね」
「うん、あっちからこっちに、50メートルくらいね」
「ちょっと不思議だったんだけど、何で店の名前が
 『Shaws』から『Stars』に変わったの??」
「うーん、『変わった』というより『戻った』んだよね」
「戻った???」
「だってこの店、7年前は『Stars』だったんだもん。
それがShawsになり、またStarsに戻ったというわけ」
「ふーん。じゃ、単に名前が変わっただけで
 オーナーは変わっていないんだ」
「うん、ぜんぜんね」
「とすると、何で名前を戻したんだろう?二つの違い
が何かって考えると、ちょっと不思議だなぁ」
「うーん、『Stars』って、この地域のローカルブランド
らしいよ。実際、昔このあたりには、たくさん『Stars』
があったし。他方『Shaws』というのは、nationwide
なブランド
、ということらしいね」
「ふむふむ。じゃ、一つ質問なんだけど
 『Stars』と『Shaws』、どっちが好き?」
そりゃもちろん、『Stars』さ!

一言で言えば、改名の目的は、
地元ブランドへの回帰、ということらしいです。
裏を返せば、ブランド戦略のミスを経営者が
自認した、ということであるともいえそうですが。

そんなこんなで話をしているうちに、
今日の昼食は、彼のお勧めの
Brown Riceの寿司コンボ、ということになりました。
税込みで9ドル86セントです。
ちょっと高くついたなぁ・・・

2008年10月18日 (土)

ボストン大学の財務データ

私は一応、LLMを卒業しています。そのため大学から見るとOB扱いになるらしく、Alumni Magazine(大学OB向け会報)が送られてくるようになりました。名前は「Bostonia」。
送付されてくる封筒の宛名には、敬称"Esq."(Esquireの略。弁護士に対して付けられる敬称)が使われているため、受け取っても悪い気がぜんぜんしないです\(^▽^)/

今回興味深かったのは、Bostoniaの別冊の方。ボストン大学の最新財務データが載っていました。私にも、まだまだビジネスマンの血が残っているようです。この手の数字を見ると、何やらたぎるものがあります。内容は以下の通り。

<07会計年度、単位百万ドル>
総収入:1389.5百万米ドル(約1403億円
①Tuition and Fees: 46.9%
②F&A Cost Recoveries: 9.3%
③Sponsored Programs: 13.5%
④Auxiliaries: 16.2%
⑤Sales and Services: 7.6%
⑥Other: 6.5%

総支出:1333.4百万米ドル(約1347億円)
①Institution and Research: 49.3%
②Academic Support: 8.0%
③Sponsored Programs: 14.1%
④Auxiliaries: 15.2%
⑤General and Administrative: 10.9%
⑥Others: 2.5%

教職員:3,931名
学部生:16,685名
大学院生:13,123名
交換留学生等:2,927名
合計:36,666名

ほう、売上1400億で利益50億ですか(「利益」というより「内部留保に回る額」といった方がいいかもしれませんが)。なかなかhugeな数値です。近年、学費は上がる一方なわけですが、これならばコストの削減余地があっちこっちにありそうな気がします。例えば、ムダにズガンズガン冷えているあの冷房の温度を上げるとか・・・ね(;^_^A

(追伸)
現在の体重は66.5キロです。ずいぶん減ったものです。頑張っていたのですが、昨日ついにガマンできなくなり、ベーコンを油ギットギトに焼いて食べました。そして今日の昼は、JD学生2人と一緒に日本食(うな丼)を食べました。やっとスッキリしましたhappy01

2008年10月15日 (水)

MA州運転免許取得に向けて(2)

ボストンでは車の必要性を感じなかったため、
車も免許も持たなかったのですが、
(国際免許は持っていますが・・・)
折角ですので、当地の免許だけは
取っておこうと思います。
妙に焦って免許を取ろうと思っているのは、
冬に入る前の方がいいかな、という、
ただそれだけの理由です。

夏休みに、とりあえずLearner's Permit(仮免)は
とっておきました。あとは実地試験のみです。
ただ、いきなり実地試験というのは自信もないので、
同級生から紹介を受けた
Brookline Driving Schoolでちょっと運転してから
そのままそこにお世話になりつつ
実地試験も受けることにしました。

同スクールのホームページに
メールアドレスがあったので
基本的に英語での電話を避けたい私は
まずそこにメールしたのです・・・が、
一日経っても返事なんかきやしません。
完全に予想の範囲内です(;^_^A
待ってイライラするくらいだったら
電話してイライラした方がまだマシです。
こっちの国は、何かにつけてお客に電話を
かけさせますが、未だに慣れません。

案の定、英語はどもり調子でよく聞き取れず、
ちょっと時間がかかりましたが、
10月23日(木)10:00~ レッスン1時間
10月25日(土)午前 実地試験
コストは140ドル
自宅前でpick upしてくれる(車を持ってきてくれる)
ということになりました。

あれ?同級生からは
確か135ドルってきいていたような・・・
値上がったかな???

2008年10月11日 (土)

ロースクール生のメンタルヘルス

今日、本年度のPhoto Bookを見ていたところ、
PropertyのLawson教授が、Assistant Dean
(副学長)
の一人であることを知りました。
あのラフなウエストポーチ付きGパン姿からは、
とても想像つかなかったなぁ・・・
人は見かけだけでは分からないものです(;^_^A

さて、8月帰国時に
メディカルチェックを受けさせられ
図らずもメタボチックが判明した私ですが、
今度は会社から
メンタルチェックを受けるように」
との指示を受けました。
ネット経由で70問解答するだけでよく、
その場で結果も出るというものです。
これならば前回のように
家族中に結果が開示され
メタボチックが大バレする
というような懸念はなさそうです。
基本的に健康診断の類は
余り好きではないのですが、
前回のメディカルチェックの結果が
現在のダイエットに繋がっていると思うと、
自分を定期的にチェックすることは
大切なことなんだ、と考えを230度改めました。
そこで早速やってみました。

総合所見
概ね問題なし。あなたはストレス耐性が高い傾向に
あります。ストレス耐性が高いと心身の問題が表に
表れにくくなるため、今後も柔軟な考え方を
するようにしてください。

うーん、「ストレス耐性が高い」ということは
喜ぶべきことなのでしょうか?
仕事にマゾだ言われているだけのような)
主な項目について、もう少し見ていくことにしましょう。

①「余裕のなさ」
(緊張したり時間に追われたりする感じ) 89/100P
→かなり「余裕はない」と思っているようです。
不法行為法の授業で当てられるんじゃないか、と思うと
確かに余裕はありません。もともと小心者ですし。

②「失敗を認めない傾向」
(自分の失敗は許されないという信念) 93/100P
→バーに受からないまま帰国する、ということは
避けたいと強く思っているようです。
バー受かんなくていいんだったらそれはそれで・・・
いや、がんばりますので見捨てないでやってください。

③「高い目標を掲げる傾向」
(高い成果が求められてるという思い) 97/100P
→バー合格が高い成果だと思えてならない、
ということでしょう。②と同じです。
そういえば先日米人弁護士と会話した際、
「『バーを受ける』は、『challenge the bar』じゃなくて
『take the bar』か『sit for the bar』と言ったほうがいい。
英語のusageの問題としてね」と指摘を受けました。

④「仕事への絶望感」
(自分には期待できないという信念) 8/100P
→自分に期待できない、とは思っていない様子。
思ったよりも、自分で自分の潜在能力をかなり高く
評価しているらしいです。これは意外な。驕りかな?

⑤「神経質な傾向」
81/100ポイント
→神経質ではあるようです。そういえば、
同期某氏は私を「ミスター・リスクマネージメント
と評していました。信じてなかったのですが、数値に
されると信じないわけにはいかないですね。彼には
人を見る目が確かにありました。

⑥「攻撃的な傾向」
(人に対して攻撃的な言動をする傾向) 13/100P
→攻撃性は非常に低い、という結果です。
私が「ジェントル」であることが客観的にも立証された
ということであろうと、喜ばしく受け止めております。

ですが、何より素晴らしかったのは以下の項目でしょう。

⑦仕事への不満感
(今の仕事への不満の程度) 3/100ポイント
→今の状況にほとんど不満はないようです。
「今の環境を維持できるようにしましょう」というコメント
なのですが、だからといって、ずーっと留学している、と
いうのは無理スジですね。ざんねん。

2008年10月 9日 (木)

バー委員会からのメール

今日、バー委員会からメールが届きました。
合格でもまとめてくれるのかな??
どれどれ、えーっと・・・

「貴方が受けていた試験会場で、MBE(全米統一マルティプル)の問題冊子と解答用紙が一部見当たらず、現在、当試験委員会において鋭意調査中です。もし、その日の16:15から17:00までに何か目撃しているようなら、ご連絡いただきたくお願いします」

はぁ・・・やれやれ(;^_^A

2008年10月 4日 (土)

Tortsの授業(3)

今日は、Silbarghセンセイに
これからLLM生も当てるからヨロシクね♪
と予告されてから、初めてのTortsの授業でした。
心なしかLLM生全員が何となくナーバスです。
もっとも、LLM生全員といっても
日本人3名しかいないんですが。

で、結局のところ今日どうだったのか?というと、
全員が先生からご指名を受ける
という結果になりました。
授業の一番最初から、連続で3人様のご指名です。

一番最初にLLM生への質問を持ってきたのは、
早い英語で進むJD学生との議論が
会話のベースになってしまうとしんどいだろうから、
中継ぎ抑え使うよりも先発させた方がいいだろう、
という考えからだったように感じます。
質問の際の英語はすごーくゆっくりでしたし、
質問も基本的な事項が多かったように思います。
もっとも私は、あまりに易しい一題を
深読みしすぎてしまい、答えがよくわかんなくなって
しまったのですが、他の学生に小声で助けて
もらったおかげで乗り切れました。感謝です。

先生が配慮してくれているのはすごくよく分かりました。
この程度だったら今後も何とかなりそうだなぁ・・・
というわけで、先生には
「親切なソクラテスメソッドに感謝します。よい週末を」
とメールを打っておきました。その目的は2つ
一つは感謝、そしてもう一つは
今後もせめてこんな感じで」という下心です。
・・・通じたかな?

(追伸)
体重が67.5キロになりました。これは5年前、
私が大阪で勤務していた頃の体重です。
というわけで今日の夜は、久々にラーメン
食べることを許可することにしました\(^▽^)/

2008年10月 2日 (木)

Tortsの授業(2)

さきほど、Silbargh先生からこんなメールが届きました。

「LLMのみなさんへ
そろそろ私の英語に慣れてきたと思うので
今週金曜から、当てるかもしれないからヨロシクね♪」

先生の英語は、
私にはファーンズワース御大より聞きづらい時があり、
また科目の性質上、抽象論とHypoがすごく多くて
正直よく分かっていないのですが、
こればっかりは仕方ない。了解でございます。

なお、金曜日は風邪をひく可能性があるかも
しれませんけど、悪しからずご容赦くださいませ。

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック