« MA州運転免許取得に向けて(3) | トップページ | ボストン・ローにおける1Lライフ概論 »

2008年10月26日 (日)

MA州運転免許取得に向けて(4)〔長文〕

Greiman教授似の厳しい教官(以下「フローラ教官」)から、日本人LLM同級生が未だかつて受けたことがない「補習」を宣告されてから数時間。さすがに凹んだのですが、しっかりと当地での運転を学ぶよい機会かもしれないな、と思いなおすことにしました。

その補習は、10月24日(金)の早朝6:00から、試験会場(Brookline High School)、ということになりました。
補習の場合、自宅まで迎えに来てはくれませんので、自力で現地に行かなければいけません。朝っぱらからいやだなー

googleで調べたところ、自宅からの距離は約2マイル徒歩40分ですが、自転車ならば20分かからずにいける感じです。
そこで自転車の空気でも入れておくかな、と思い立ち、空気を入れ始めた所、あろうことか後輪をパンクさせてしまいました(爆)。
前日、「石橋を叩き壊して渡るって、どんな感じなんですかねー」と09のN氏&Y氏と笑いあったことが頭をよぎります。多分、こういう状態のことを、「石橋を叩き壊す」と言うのでしょう(;^_^A

パンクと格闘していたら、かれこれ午前3時になりました。それなのに直りません。仕方ないので、徒歩で行くことにしました。この時間ですから、寝たら起きられなさそうです。そこで寝るのは止めにし、Tortsの予習をダラダラしながら時間を潰し、午前5時に自宅発。午前5時45分に現地着。お約束の体育会15分前行動です。

しかし、午前6:00を20分過ぎても、フローラ教官は現れません。電話したところ、「あらー、午後6:00よー(午前6:00じゃないわよ)」と明るい声。徹夜がムダと化した瞬間です。力が抜けました。

ただこの事態、リスク・マネージメントを得意とする(小心者な)私には完全に予見できていました。
「確かに彼女、『very early morningのレッスンはどう?』とは言っていたけど、会話の流れからすると、ひょっとすると『午前』6時ではなく、『午後』6時と解釈できる余地があるかもしれないな・・・」
そこで前夜、
「自分は午後6時ではなく、午前6時だと思っているけど、その理解が間違っているのなら連絡ください」
と、彼女の留守電にメッセージを入れておきました。その後特に連絡がなかったため、安心して午前6時に行った、というわけです。
ですから文句を言おうと思えばできたのですが、言いませんでした。きっと彼女が私の留守電を聞いた時、自責の念に駆られるだろう、と思ったからですが、何よりも文句を言う体力が失せていました。
要は無駄足に終わったわけですが、せっかくなので試験コースを徒歩で回り、地理感覚を一通り確認しておきました。

その日は、半分寝ぼけながら授業を2つ受け、半分寝ぼけながらJD1年生のT氏(以下「トラさん」)と昼メシを食べました。トラさんには、私がMA州の免許を取ろうとしているのが、合理的な選択には映らないようです。「だって、ユーは、運転できるじゃないか。国際免許も持っているし。IDだったらMass IDで十分だろ」。ごもっともです。

昼食後、2時間ほど昼寝をして、またBrookline High Schoolへ徒歩で行きました。今度は午後5:45に現地着。しかし、今度もフローラ教官は現れません。まさか、すっぽかされた??
午後6時を20分ほど過ぎたので、また電話することにしました。彼女曰く「渋滞に巻き込まれていて・・・今向かっているの・・・as soon as possibleで行くわ。Believe me for this」との由。もうここまで来たら、どこまででもアナタを信じます。ていうか、他に選択肢ない

それから15分ほどはボーッと待ち続けていましたが、いい加減ヒマになってきました。「Believe me」と言われても限界があります。私のIpodの中に「If I believe」(@倉木麻衣)という曲が入っていましたので、「If I believe---」というサビに合わせて、「If I believe --- I have to wait for you forever」などと、歌詞を変えて遊んでいました。さらに15分くらい経つと、歌詞遊びにも飽きたことと、いい加減寒くなってきたので、ダンスもどき動きをして身体を温めていました。

結局、フローラ教官が到着したのは午後7:00ちょっと前。最終的に1時間以上待ったことになります。もう、あたりは真っ暗です。道なんか見えやしません。普通だったら、教習も何もできなさそうです。ですが補習は、フローラ教官がビックリするくらい上手く行きました。道は見えませんが、朝来た時に実際に歩いて確認しているわけですから、特に問題なかったわけです。地理感覚さえ掴んでしまえば、運転そのものはイージーです。「何でそんなにスムーズなの?」と聞かれたので、朝来た時に歩いて確認しておいたことを伝えると、「そうよ!それが大事なのよ!」と絶賛されました。後は、three-point turnとか、縦列駐車だとか、ロード・テストには無いけれど実際に使うテクニックを教わって補習は終了。「あなた、いい生徒だったわ」とお褒めの言葉をもらいました。自分で言うのもなんですが、私もそう思います

ちなみに、この補習は無料でした。完全に、フローラ教官の善意だったわけです。本当にマジメな方だったんですね。ただ、フローラ教官の教習レベルが、ロード・テスト(路上試験)で求められるレベルをはるかに超えていたことは確かです。テストに合格することだけを考えた場合、ちょっとdemandingすぎたかもしれません。

ロード・テストは、10月25日(土)の午前7:30からでした。それにしても、12時間おきに、3回も同じ場所に行く羽目になるとは。
「午前7:30開始だけど、午前7:00には行っておいた方がいいわ」とフローラ教官が言っていたため、その通りに行くと、既に10人くらいの人が列を作っていました。Punctualとは程遠いアメリカ人でも、免許がかかるとマジメになれるんですね。やればできるじゃん!

ちなみにこのロード・テストですが、相当にいい加減です。
①シートベルトを締め忘れない、
②一時停止の標識の前ではしっかり停止する、
の2点さえ守れば、多分合格です。警官もろくに見ていません。フローラ教官は「試験官である警察官の指示に従って運転するのよ。良く聞いて」と言っていましたが、実際には、後部座席から、教習所の教官が適当に指示を出していました。彼が気にしていたのは、運転の内容ではなく、車を降りる際は常にドアを開けておけ、ということだったように感じられてなりません(すぐに人が入れ替われるように)

そんなわけでめでたく合格し、警察官がグジャグジャっと記入したLearner's Permitを貰いました。所定の記入欄をまるっきり無視して、私には判読しきれない字で何やら書かれていますが、後はこのLearner's PermitをRMV(陸運局)に持っていって発行手続きを取れば、免許がもらえるはずです。やったっ\(^▽^)/

今回は、下記のように、(試験内容に見合わぬ)膨大な時間投資を強いられてしまい、とにかく疲れました。
①待ち時間 2.5時間(しかも道の寒空で)
②徒歩移動 4時間(片道40分×6)
③教習時間 2時間(正規教習+補習) 
④試験時間  わずか3分・・・crying

なお、勢い余って前夜にパンクさせてしまった自転車の修理費用10ドルでした(;^_^A

« MA州運転免許取得に向けて(3) | トップページ | ボストン・ローにおける1Lライフ概論 »

ボストン生活」カテゴリの記事

コメント

MA免許取得おめでとうございますっ。
ぜひLAにお越しいただき、当地での運転も体験していただきたく。フリーウェイでの車間距離の短さと割り込みの多さに辟易とすること必至であります。道幅が広いのは救いです。

こんにちは、初めまして。金曜の夜に検索でBlogに書かれた受験予定について知り、どうされたか気になっていましたが、合格おめでとうございます楽しく拝見させていただきました。実は土曜の早朝、私の妻も同校を利用して路上試験を受けていたのです。彼女は一度別の場所で受験したのですが、試験官の英語が理解できず、指示通りにできなかったりして合格できなかったために車で40分かけて再受験に来ていた次第です。しかし、聞いてはいましたが信じられない試験内容でしたね。試験といって良いのかどうか。妻曰く、「アメリカは免許もお金で買えるのね」と。アメリカ人がどれくらい経験を積んで受験し、路上に出て行くのか知れませんが(Bostonの運転は、荒いと言うよりも無茶なことが多いように思います)、妻のように既にNY州で4年の運転歴がありながらも制度上の問題から受験せざるを得ず、出産も差し迫ってどうしてもすぐに取らなければならない状況においては、非常にありがたいことでした。

長くなってしまいましたが、お互い安全運手を心がけていきましょう。では。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/24750466

この記事へのトラックバック一覧です: MA州運転免許取得に向けて(4)〔長文〕:

« MA州運転免許取得に向けて(3) | トップページ | ボストン・ローにおける1Lライフ概論 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック