« ネコ社長レナのロボ秘書くん | トップページ | Tortsの授業(4) »

2009年1月 7日 (水)

ニューヨーク?アルバニー?(その2)

『New York Practice』を制する者はバーをも制す
らしいです。それがどの程度真実かどうか私にはわかりませんが、重要科目であることは間違いなく、ここ数日間はずっとNew York Practice漬けでした。この科目は、理解しようとすると本当に難しいですね。

昨日、バー委員会から「どの都市で試験を受けたいかい?」というメールが来ました。メールにはURLが付いており、ネット経由で選択することになります。ラップトップ選択であり、州外受験者でもある私に与えられたチョイスは以下の5つ。

①:アルバニー
②:バッファロー
③:サラトガ
④:ラップトップを辞めて手書きに変更します
⑤:もう、受験あきらめます (←イヤミ?coldsweats01

ラップトップ選択の州外受験者は、generally assigned to ①アルバニー、②バッファロー、③サラトガ」とバー委員会のWEBに書いてありましたが、どうやらその通りでなったようです。
昨年夏のこともあるし、ジャビット大きいし、おそらくNYマンハッタンで受験できるだろうと思っていましたが、甘くはなかったです(;^_^A

昨年7月受験の場合と異なり、今回は試験会場既にWEBで発表されています。憶測にすぎませんが、夏の場合と比べて冬は受験者が少ないので、各都市で一つ会場を確保すればそれなりに足りたからなのでしょう。アルバニー受験の場合、手書き/ハンドライト共に、Empire State Plazaが会場です。ギリシャ神殿のような石造りの建物で、同期A氏が泊まっていたクラウンプラザと、私が泊まっていたヒルトン・ガーデンインの間にあったため、しばしば傍を通りかかっていました。国敗れて山河あり。まさに古戦場。

「次にアルバニーに行くのは、合格後の宣誓式の時だけ
と勝手に思っていました。ですがどうやら、天は私にあの忌まわしき「アルバニー戦記」の続きを書け、と言っているようです。

これも宿命なのでしょう。アルバニーに行ってきます\(^▽^)/

« ネコ社長レナのロボ秘書くん | トップページ | Tortsの授業(4) »

NYバー準備」カテゴリの記事

コメント

仕事の合間に見入ってしまいました。
いつも勉強になっています、ありがとうございます。

初めまして。ちょっとお聞きしたいことがあってメールしました。

私も2月のNY BARを受けるのですが、出願書類の一つ,Barに入るのに必要な教育を終えてるかどうかを証明する書類は何を送っていいかわからなくて困っています。

私は日本の法学部は卒業しているのですが、日本で弁護士資格はありません。もしよろしければ、助言を頂けますか?

BARの前でお忙しいと思いますが、お願いします。
自己紹介をしていませんが、メールで改めて自己紹介したいと思っています。

ひかりさんのブログで、サラトガ受験がオススメだって書かれていました。一度受験している地だと勝手がわかっているということもあるかもしれませんね。
よい環境で受験できることを祈っております!

試験勉強、お疲れ様です。
次の試験は何月何日なんでしょうか?
健闘(そして勝利)を願っています!

「うつ病さん
インパクトのあるハンドルネームで驚きました。
今後、精神面にも気をつけていきたいと思います。

「もりやさん
書類が揃いそうとのこと何よりです。
お互いがんばりましょう。

「がんばってください。さん
ありがとうございます。古戦場サラトガには、バーではなく観光で行ってみたいな、と思っています(笑)

「North Riverさん
試験は2月24日-25日です。
どうか身体には気をつけて。んではまた。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/26893282

この記事へのトラックバック一覧です: ニューヨーク?アルバニー?(その2):

« ネコ社長レナのロボ秘書くん | トップページ | Tortsの授業(4) »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック