« 今年もこりずにエントリー | トップページ | 50000アクセスありがとうございます »

2009年2月11日 (水)

すずめがチュンチュン・・・とバーの受験票

十数年前の、とある高校での保護者会でのこと。

担任:「えーっと、中間テストが終わりました。生徒には、中間テストを振り返って、感想を書いてもらいました。今から紹介するのは、今までクラスでX番だったものの、今回Y番まで成績を下げてしまった生徒のものです

『今回の中間テストの結果を見て、日頃の地道な学習がいかに大事か、ということが身にしみて分かった。中間テスト前日、朝陽が上り、新聞配達のバイクが走り、すずめがチュンチュン鳴くまで頑張ったのだが、やはり及ばなかった。次回の期末テストでは、身をもって知ったこの貴重な教訓を最大限生かし、校訓にあるように九転十起の精神で、日頃から地道に・・・(以下略)』

(保護者の間からクスクスと笑い声が漏れる)

担任:「いかがでしょうか。日頃の継続的な学習が如何に大切であるかと言うことをお笑い・・・じゃなかった、お分かり頂けたと思います」

この反省文、グダグダと述べられてはいますが、要旨は
勉強しなかったんです。ごめんなさいm(_ _)m
に尽きます。ただ、それだけだと面白くないので、始末書っぽく書いて担任に出したんです。まさか保護者会で読み上げられてしまうとは。それにしても驚きだったのは、匿名での読み上げだったにもかかわらず、母が一発で私の書いたものだ、と分かったことです。

母:「あんたでしょ!!(←そのとおりなんですけど)。あんな文章書いて・・・『すずめがチュンチュン』の表現ですぐ分かったわよ。いい笑いものだったわよ、まったく(笑)」

当時の私としては、
そこで笑いを取るつもりもなかったんですけどね(;^_^A

ボストンは相変わらず寒い日が続いていますが、暖かく感じられる日が少し増えるようになってきました。部屋にひきこもるのにも飽きて、街中をブラッと散歩をしていた所、チュンチュンというすずめの鳴き声が・・・それでつい、昔を思い出してしまいました。

今日はバーの2週間前になります。WEB受験票が(メールで)届きました。直前期の学習に限界があることは、「(既に)身をもって知ったこの貴重な教訓」であるわけですが、とにかく出来る限り多くのことを、頭の中に詰め込もうと思います\(^▽^)/

« 今年もこりずにエントリー | トップページ | 50000アクセスありがとうございます »

NYバー準備」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/140450/27981378

この記事へのトラックバック一覧です: すずめがチュンチュン・・・とバーの受験票:

« 今年もこりずにエントリー | トップページ | 50000アクセスありがとうございます »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック