« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月28日 (火)

日本の電子辞書をアメリカで購入する

今、試験期間中です(倒産法は倒産しかかっています)。
普段は、パソコンに入れてある「英辞郎」を使って英単語を調べていますが、パソコンをオンにしているとネットを見てしまうため、最近は電子辞書を使うようにしていました。しかしどうやら、その電子辞書を、失くすか盗まれるしてしまったようです。ガックリ・・・crying

電子辞書がなくても、勉強にはそれほど困りません。ですが、出張の際はちょっと困ります(いちいちパソコンや紙の辞書を見るわけにいかないため)。5月19日から数日間、西海岸に出張することになっており、その時は電子辞書を持っていたい、という事情があります。いずれ買うものならば、早く手に入れておいた方がいいですし。
そんなわけで買うことにしました。

まずamazon.co.jpで購入し、アメリカに送ってもらうことを考えました。が、amazon.co.jpは、電子辞書をアメリカに送ることはできないとのこと。アメリカ紀伊国屋のサイトも回りましたが、ダメそうです。アメリカで日本の電子辞書を手に入れるのは、やはり難しいのでしょうか?

でも、探せば何とかなるものです。さまよっているうちに、富士山.comというサイトにたどり着きました。日本商品の北米向け販売サイトらしいのですが、「日本で買うより断然オトク!富士山ならセイコー電子辞書が全品格安!」と、キャッチーなコピーが書かれています。

結局、そこで以下のモデルをセレクト。
http://www.sii-dictionary.com/item/item.php?pid=10&cid=&iid=SR-G8100
我が青春のバイブル「英文ビジネス契約書大辞典」が入っている電子辞書が出現したとは・・・。感動です。もう、それだけで買っちゃえっ!という気分になりました。大人買いには気をつけているつもりなのですが、やっぱりモノを買うのは気持ちがいいです。

ちなみに、富士山.comには、セイコーの電子辞書直販サイトに貼ってあったリンク経由で辿りつきました(「北米にてご購入を検討のお客様はこちらをご覧下さい」と書いてあったため)。
少し比較検討をしてみたのですが、
日本でセイコーの直販サイトで買った場合39800円
日本でビックカメラで買った場合35000円(+ポイント)
北米で富士山.comで買った場合360ドル(送料込み)
($1=95円として34200円)。

うーん・・・メーカー直販が大敗とは(;^_^A。直販であるがゆえに、逆にコスト高になってしまっているのでしょうか?セイコーの電子辞書直販サイトさんには、もうちょっと頑張ってもらいたいです\(^▽^)/

2009年4月22日 (水)

タイ飯屋のその後に関する調査報告書

関係各位:標記の件、以下の通りご報告します
(なお、バックグラウンド・ミュージックは、ファミコン・ゲーム「さんまの名探偵」とさせていただきます)。

1_2まず、タイ飯屋の現状は上記の通り。
何と、看板既に取り外されています!キッチン改装工事のはずなのに・・・なぜ看板を取り外す必要があるのでしょうか??この地で営業をする気がまったく感じられません。やっぱり閉店??

2「やっぱり閉店なのか・・・」と残念に思いつつ調査を重ねた所、ドアに上記の張り紙を発見。「738 Commonwealth Aveに引っ越すから、よろぴくね\(^▽^)/」。絵文字まで入ってなかなかファンキーです。ヒトの気も知らんと、あっけらかんと言いおるなぁ(;^_^A

3とにもかくにも、とりあえず「738 Commonwealth Ave」へ。
で、たどり着いた場所は上記。証取法のホワイトヘッド教授が毎朝出没する(らしい)と言われるベーグルカフェの隣。そして、ロースクールのどまん前
以前の場所から歩いて1分半程度ですし、売場面積がさして広くなったという印象も無いため、引っ越しの意味がやっぱりよくわかりません。気分でも変えたかったのかな?もう少し近づいてみましょう。

4Coming Soon!」とはありますが・・・
うーん、いつになるんだろ・・・coldsweats01

私はこの店の「サム・ヌム・ヌードル」が大好きでした。私がボストンに居る間に復活してくれることを切に期待しています(^▽^)/

2009年4月17日 (金)

パールマン若御大(3)

Civil Procedureでの、パールマン先生と学生(達)とのやりとり。

先生:「Aさん、Can you help us?(※)」
(※先生は学生を指名する時、いつもこう優しく問いかけ)

Aさん:「先生、今日はごめんなさい・・・」

先生:「そうか。じゃ、もう一回。Bさん、Can you help us?」

Bさん:「先生、私も今日はちょっと・・・なんですぅ」

先生:「しょうがないなぁ。次ダメだったら、ボランティアを募るか・・・。Cくん、Can you help us?」

Cくん:「よっしゃ。おれはやったるぞー

先生:「おっ、Brave!! ひゅーひゅー(@桃の天然水)」

生徒一同:「おおおおおーっ

パチパチパチパチパチパチパチ・・・・
生徒一同からなぜかCくんを讃える拍手が自然発生。
(もちろん私も拍手に参加)

先生:「ホント、変なクラスだよなぁ・・・。普通、1Lのクラスって言ったらさあ、指名されたら学生はStickするものなんだと思うんだけど(笑)。まーいいや」

Cくんとの質疑が一通り終わる。

先生:「じゃ、そろそろ・・・。クリッカータァイム!!!

生徒一同:「いっえーいっ!!

先生がパソコンで4択の問題を出します。学生が、クリッカーと呼ばれる電子デバイスを使って、それに回答します。今日の問題では、(A)と回答した学生が40%、(D)と回答した学生が40%、(B)(C)と回答した学生が各10%。このようにマジョリティ回答が無い場合、パーセンテージが発表されると、クラス中で
「おおおおおおおーっ」
と、どよめきの声があがります。

そういえば数週間前の話になりますが、先生が黒板に全米の地図を書いた所(管轄を示すため)、生徒から「へただなあ」という声が漏れました。それに反応した先生が、急にパソコンからとある映像をピックアップ。

それは先生が、米国版クイズ・ミリオネアにテレビ出演した時の動画。パールマン先生のエンターテイメントには慣れているはずの生徒達も、これは完全に予想外。先生に出題された問題は、「4つの都市(北京、東京、シドニーとあとどっか)を北から並べた場合、3番目は何か」というもの。10人の早押し、先生は3番目か4番目。

先生:「どーだい?僕が地理に弱いってわけじゃなってことが分かっただろ?でもなあ、ここで1番になっていれば、オレの人生も変わったかもしれないんだけどなぁ」

生徒一同:「おおおおおおーーーっ」
クラス中でものすごい歓声と拍手が沸き起こっていました。

パールマン先生は、以上のように相当なエンターテイナーですが、教授としての実力も確かです。英語は非常にわかりやすい上、教材(パワーポイント)は非常に視覚的で、シラバスもよく整理されています。考え方はファーンズワース御大にそっくりで、学生への愛で満ちており、フォローも行き届いています。なお、私の勝手な推測にすぎませんが、おそらくパソコンおたくと思われます。

僕が高校時代、教職に憧れていたことはブログのあちこちで独白してしまっている所ですが、僕も生まれ変わったら、こんな先生になってみたいなあ、と思っています。

【5/15補記】
成績を貰いました。2月バーのため、あまり勉強できなかった僕も悪いのですが、パールマン先生のGradingは、かなりキツイです ^^;)

2009年4月15日 (水)

ちょっとリハビリ中

Bu1__1239734754_50181 ボストン大学のアイスホッケー・チームが全米大学チャンプになった(=NCAAを制した)とのことで、今日はそれなりに大騒ぎでした。とりあえずめでたいです\(^▽^)/
注:上記写真はboston.comからの借り物です)

・・・が、そんな周囲とはうらはらに、私は一つ仕事を担当することになり、勉強そっちのけで、今日は色々とアレンジをしていました。
留学前と比べて、知識は増え、視野は広くなり、思考力は高まったはずです。しかし、仕事に対する「読み」(仕事勘)の衰えはイヤでも感じます。留学前を10とすると、今は5から6くらいでしょうか。

そんな私の悩みを聞いた東京の同僚がひとこと。
「ちょーどいいリハビリなんじゃないでしょうか?」

そうかもしれません。仕事をしているうちに、(悲しいことに)仕事勘をだんだんと思い出してきました。そして、そろそろ留学も終わりに近づいていることも、併せて感じさせられました。

ですが今は、仕事よりも、とりあえず判例と条文の趣旨を読めるようになりたいなぁcoldsweats01

2009年4月 9日 (木)

Bankruptcyの授業(2)

Bankruptcyですが・・・分かっていませんcrying。一緒に授業を履修している09のスーパーロイヤーT氏が頼りですm(_ _)m

授業のテキストは2種。①ミラー先生の著書と、②ミラー先生の著書のSupplement。今日は、雑念よぎりまくりでSupplementの宿題ページを読んでいました。するとそこに、懐かしき「Spendthrift Trust」の文字が。

「Spendthrift Trust」とは、浪費者信託のことで、バーブリ的にはTrustの中でもNYバー頻出論点とされており、マリノ師2月のバー予想で「これ出るぞ!」とヤマ張ったトピックでもあります(なお、しっかり外れました)。恥ずかしながら、今でも理解できていません。
宿題となっている判例は、どうやら管財人が連邦破産法544(a)(2)に基づきSpendthrift Trustにinvadeできるのかどうか、ということが問題となっているらしいのですが、うーん、何が何なのやら。

そういえば先日の授業で、今年初めて、ミラー先生の名口癖「Jumbo Mumbo?」を聞きました。「ちんぷんかんぷん?」と言う意味らしいのですが、今の私はまさにジャンボマンボです。

・・・とりあえずがんばろっと。

2009年4月 6日 (月)

北京カフェのおばちゃんの意識改革

BUローから徒歩3-5分で、予算が7-8ドルで、それなりの量を食べようとした場合、基本的には以下の3択になります。

Gsu

(1)George Sharman Union(略称「GSU」。大学生協)か、

Beijing(2)北京カフェか、

Thai(3)Thai Cuisineか、です。
3択の中で08の面々が最も活用したのが、このThai Cuisineです。
「はぁ、今日もいつもの3択かぁ」
「どれにします?」
「まー、Thaiでいいんじゃないすか
などと話しながら、Thai Cuisineにはずいぶん行きました。

私はいつも、「この3択にもいい加減飽きたなぁ・・・bearing大戸屋でも引っ越してこないかなぁ」と思っていました。しかし、それはゼータクな考えだったようです。最近、「3択あっただけマシだったんだ」ということに気がつかされましたcoldsweats01

Thai2

それは現在、Thai Cuisineが、キッチンの改装工事休業しているためです。気になるのは、かれこれ数週間経つのに、一向に商売を再開しようという気配がないこと
うーん、このまま閉店なんてことにならなければいいけど・・・(;^_^A。

そんなわけで、今は2択です。「GSU」か「北京」か。で、先日、空腹に負け、かつGSUにあまりに飽きたため、北京カフェに行きました。

正直、北京カフェに行くのは、少々ためらわれました。ここのおばちゃんの接客態度は、良いとはいいがたいんですよね・・・。
今日も水をブアイソーに注がれるのかなぁ。まったくやれやれだぜ(@ジョジョの奇妙な冒険)。ですが、背に腹は変えられず。

ところが、この日はサービスよかったです\(^▽^)/

おばちゃんは笑顔で愛想良く、注文を受けると「Thank you very much」と返してきます。水の置き方も以前と比べると丁寧ですし、「お茶はのみますか?」とも訊いてきます。普通といえば普通なんでしょうけど、私が見る限り格段の進歩。やればできるじゃん!
おばちゃんの中で、いったいどんな意識改革が起こったのか・・・?。それは分かりませんが、いずれにしても、とてもいいことです!

というわけで、
①おばちゃんにこの勢いで頑張っていただくこと
②Thai Cuisineに速やかに再開いただくこと
この2つ願って、今回の記事を終わりますm(_ _)m

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック