« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年5月

2009年5月25日 (月)

(P.S.)その後のマイ・ライフ

最後の投稿「ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/」をアップして以降、多くの方から暖かいメッセージをいただきました。ありがとうございました。自分でも驚いています。感謝感激あめあられです。

残念ながら、サラリーマンに戻らないといけませんので、定期的にこのブログを更新することはムリと思います。ただ、ごくまれに、気まぐれで書くことはあるかもしれません。

もともと、このブログは、私の生存確認ブログでした。その後も、とりあえず私が元気でいることだけはお伝えしておきたく思います。ざっと振り返ると、こんな感じです。

5月8日(金) 

モチベーション湧かない身体に鞭打ち、最後の試験(Civil Procedure)に臨む。何とか終了。脱力。一区切りついた気分になり、「ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/」をアップし、爆睡。

5月9日(土)

08の武闘派Y氏と会う。2月バーに合格していたら、私のバーブリ・マテリアルを一式譲り渡す約束をしていたが、結果が結果であったため、譲ること叶わず。そこでY氏には代わりのものを進呈することに。自慢の両面印刷白黒レーザープリンター($400)を使い、大量にプリントアウト。夕食は馴染みの韓国料理屋で一緒に焼肉。予定通り、Y氏は12日にロスに旅立っていった。ロスで勉強に集中できるのかな??

5月10日(日)

5月19日より、西海岸の子会社2社でコンプライアンス・セミナーの講師をすることとなっていたため、その資料作り。5月12日に実施予定の船便の荷出しのため、梱包作業に明け暮れる。

5月11日(月)

08のファイナンス侍氏来訪。同氏からのお土産は、①シンガポールのマグカップと②パイナップルケーキ。5月13日まで弊宅に逗留。

5月12日(火)

クロネコヤマト来訪。船便の荷出し。アメリカでゴルフを楽しもう!とゴルフクラブ一式を持参したにもかかわらず、アメリカで一度も使うことなくもう一度太平洋を渡ることになってしまった。その日の夜は、侍氏&LLMの友人3名と夕食。

5月13日(水)

侍氏が、08の中国人LLMのEさんと朝会おうというアポを取っていたため、私も同行。そして侍氏は、BU前の駅でTに乗り、Eさんと私が見送る中、爽やかに去っていった。

夜は、大学主催のハーバー・クルーズへ。バーに落ちてしまい、09の皆さんにどのツラ下げて会ったらいいものかと悩む。しかし、どーせいずれ図書館で会うんだ、と割り切って出席することに。すると09の兄貴N氏から、明るく笑顔で「ご愁傷様でしたっ!」とコメントをもらう。そういうことなのでしょう。次がんばればいいわけですから。

なおこのハーバークルーズで、急遽ゴルフに行こうという話になる。
09のスマートK氏が早くデビュー戦を飾りたかったらしく、非常に乗り気。

5月14日(木)

この日の夜、成績発表あり。ミラー先生に深謝。パールマン先生は、グレーディングする時は人格が変わるのだろうか・・・破壊的な成績に、強烈に凹まされる。

なおJDのFさんから、「夏の間、僕のアパートをサブレットしたいんだ・・・このコマーシャルを日訳して、日本人が見る掲示板にアップしてくれない?」とお願いされたので、貸しを作ることにした。

5月15日(金)

夜、大学主催のパーティ(@キャッスル)に出席。
目的は、翌日のゴルフ打ち合わせのため。

5月16日(土)

ゴルフ。場所はStone Meadow Golf。ショートな9コースが手軽に楽しめるコース。メンツは、09のスーパーロイヤーT氏、課長代理Y氏、スマートK氏、そして私。クラブはレンタル可。しかしスーパーロイヤーT氏のみ、マイクラブを持参し、周囲にまざまざと差を見せ付ける腕前を披露。その腕前に、課長代理Y氏ともども凹まされる。

5月17日(日)

卒業式(Commencement)にゲスト(観客)として出席。感慨に浸る。
卒業式後のカクテル・パーティで、ファーンズワース御大と再会。何はともあれ、私の2年間のロースクール生活もこれで修了。というわけで、御大と祝福のハグ本当にハグ。夢が叶い大満足。

5月18日(月)

出張準備。セミナーの講師役として、英語で40分程度話さないといけない。CELOP時代のスピーキングの授業みたい・・・^^;)。というわけで一応練習。簡易スピーカーがあった方がいいということゆえ、ベスト・バイに行き、20ドルのスピーカーを買う。

5月19日(火)

ボストン6:00発の便で、ダラスを経由し、カリフォルニア州のサンディエゴへ。時差があるため、この日は時間が長く感じられた。何とかプレゼンをこなし、夕食を一緒し、とりあえず初日終わる。

なおJDのFさんから、「日本語で、こんなメールが来たんだ。サブレットの関係のような気がするが・・・僕が見る限り、寄付を求めるだけのものなんじゃないかと思うんだが、どう?」と、問い合わせメールあり。「寄付」ではなく、「部屋を見せてくれ」という内容であったため、「返事した方がいいよ」と返信する。

5月20日(水)

サンディエゴ7:00発の便で、オレゴン州ポートランドへ。前日に続き、二度目のプレゼン。留学前は、アメリカに留学すれば自分の英語力は飛躍的に上がるものだと確信していたが、そうじゃないということに改めて気がつかされた・・・ものの、時間が経ったので、プレゼンも終了。夕食は、ポートランドの海鮮を使った日本料理。アメリカで食べたどの日本料理よりも美味しかった。

5月21日(木)

ポートランドからサンフランシスコへ移動。ポートランド空港でメールチェックした所、幸運にも、バー委員会からの試験会場問い合わせメールをキャッチ。慌てて30分くらいアクセスにアクセスを重ね、何とかアルバニーを確保(ニューヨークは既に売り切れ)。
因縁の地アルバニーに、これで3度降り立つことに。

サンフランシスコへの機中で、隣の席に座っていたおじいさん何故か仲良くなる。おじいさんから、
「聖書の世界では、①ゴッドと、②ジーザスと、③スピリットがおり、これらが一体なのだが、それぞれが異なる機能を果たしており・・・」
といった話を聞く。
かろうじて、高校時代に世界史で習った「三位一体説」を思い出す。
別れ際に、名前と住所を交換し合うことに。おじいさんは、「何か送るから!と言ってくれた。・・・何を送ってくれるんだろう??

昼は、フィッシャー・マンズ・ワーフに行く。今回のセミナーに同行してくれた外部弁護士さんから、「パンの器(Bread boal)に入ったクラムチャウダーを薦める」と言われていた為、素直にそれをセレクト。

夕方、お世話になっている法律事務所へ。私のため、ロースクール入学の際の推薦状を書いてくれた先生にご挨拶。
なおこの事務所は、08のKさん昨年秋に実習していた事務所でもあり、その頃の裏話をちょっと聞く。しっかり夕食をご馳走になった。深夜便でボストンへ。

5月22日(金)

「深夜便はRed eye flightsって呼ばれているんだぜ。翌朝、眠れなくてみんな目が真っ赤になるから」と言われていたが、本当にその通り。眠気をこすって、かろうじて帰宅。その後、爆睡。起床後、部屋と荷物の整理を開始。その過程で、白のワイシャツ1枚と、手帳(大したことは書いていないが・・・)が無くなっていることに気づき、軽く凹まされる。ワイシャツなんて失くしようがないと思うんだけど。

5月23日(土)

33度目の誕生日。「33歳ですね~。散々か燦々か」と、同期某氏からメールが届く。「とりあえず、今月は結構散々だったかなあ」と思い至る。その後、出張報告を執筆開始。

その夜は、JDのFさん&トラさんと、YASU(韓国系焼肉屋)で別れのディナー。夏休みの間、Fさんはロスに、トラさんはニューヨークで過ごすため。「日本絶対来いよ」→「おー、絶対に行くからな!」→「ボストン来いよ」→「あー、いったるさ!」→「出世して俺達を雇えよ」→「その時は弁護士料安くしろよ」のループで会話は続く。

ディナー後、Fさんが「ロースクールに立ち寄りたいんだ。ピックアップすべきものがあるから」と言い出したので、ついていく。が、実態は忘れ物のピックアップではなくて、ロッカーの掃除。ロッカーの中に、ケースブックに加えて、食べ物を放り投げていたらしく、さすがに夏休み中放置しておくのはまずいと思ったらしい。ロッカーを開けた途端、微妙な異臭が・・・。
「お前、こりゃちょっとひどいんじゃ・・・。JDのロッカーって、みんなこんななのか??」
「ま、JDがみんなこんなじゃないような気はするけどね」。
仕方ないので掃除を手伝う
「これはまだ食えるぞ」
と言われてりんごを手渡されたが、とても食べる気はしなかった。
そして別れの握手。

5月24日(日)

出張報告を提出。整理も8割がた終了。
これから、最後のバーの勉強を頑張って参ります。

2009年5月 9日 (土)

ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/

兄と妹の電話(現地時間5月7日)。

妹:「お兄ちゃん、げんきー?」
兄:「元気なし」
妹:「ハドソン川に飛び込んでなぁい??
兄:「川に飛び込むなんて、めんどいからやめた。・・・って、何で知ってんの?」
妹:「ダンナがね、(NY州司法試験委員会の)サイトを見つけたんだ。あんなのあったんだー。ちょっとオドロキ」
兄:「ごめんごめん、連絡遅れて。会社に連絡したり、戦友と傷を舐めあったり、最後の試験勉強をしたりで、いろいろあってさ」
妹:「そっか。で、今、何やってたの?」
兄:「フテ寝
妹:「ははは(^▽^)/。で、これからどんな感じ?」
兄:「7月末のバーを再々受験して、8月初旬に帰国するよ。部長は、『まー、試験なんてそんなもんだぜ~』って言ってた。『フォローいただき、身に染みます』って答えたら、笑ってたけど」
妹:「そっか、じゃ、その頃会えるねー」
兄:「そっちはその頃、確か育休明けで、仕事に復帰、って感じ??」
妹:「うーん、でも保育園がなかなか無いんだ。いま、保育園ないんだよー。で、もし保育園が見つかったとしても、残業はできなくなっちゃうじゃない。残業できないなんて(働くべき時に働けないなんて)、ソルジャーとしては2流だからね」
兄:「そっか(その責任感はあっぱれだな。さすが海外営業)。でも、可愛いYちゃんの顔を見ながら日々過ごすのも、いいことかもよ」
妹:「そっかなって気も。で、お兄ちゃん、あのブログどうするの?」
兄:「そろそろ潮時かなって。明日でロースクール最後の試験も終わるしね」
妹:「最近、何か切れ味なくなってきてたよね。何かムリして書いてるな-って気もしてたし、ちょうどいいんじゃない」
兄:「やっぱり見破られてたか。正直、最後をどーやって締めたらいいもんかなと。今の状態だと、何となく締まりがよくないというか」
妹:「ブログでは受かったことにしてさ。『受かったので帰りまーす』って書いちゃえ。どうせお兄ちゃんのブログなんだから。で、最後に
このブログはフィクションであり、実在の人物・組織等には一切関係ありません
って断り書きしておけばいいじゃん\(^▽^)/」
兄:「その手があったか。わが妹ながら、文才あるなー」
妹:「でしょー♪」

というわけで、長らくのご愛読、どうもありがとうございました。このブログを作ってよかったと思っています。モノ書きの楽しさ目覚めたため、ひょっとしたら、どこかでまた、ブログを書くかもしれません。

最後になりますが、過分に評価いただき、留学の機会まで下さった会社には、本当に感謝しています。

ではまた、お会いする日まで\(^▽^)/

Twilight

« 2009年4月 | トップページ | 2009年10月 »

2015年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック